※2015年4月追記:新たに眉のアートメイクをしてきましたので、今回の体験記&画像を追加しました。(記事後半)

アートメイクイメージ

なぜ、私には眉毛が無いのだろう。
余計な所にはたくさん生えているのに、なぜ私のむだ毛たちは、眉毛に集まらなかったのだろう。

とにかく、私は眉毛が少ないので、アートメイクしてます。

sponsored link

アートメイクとは??

刺青(タトゥー)が皮膚の真皮という部分に針で色を入れていくのに対して、アートメイクというのは真皮の上にある皮膚の表面の部分(表皮)に色を入れる物です。
タトゥーは、ほぼ永久的に落ちないのですが、アートメイクは数年経つと色が抜けてしまいます。
これは、アートメイクで色素を入れる部分(表皮)は新陳代謝を繰り返すからなのです。
そういえば、最近はファインメイクと呼ばれるものも出て来ましたね。
アートメイクとの違いは、色の劣化が無いこと等らしいのですが・・結局は針を使って表皮の部分に施術する物なので、アートメイクと似た様な物だと思います。

そういえば、昔の韓国アジュンマ(オバちゃん)の青い眉毛とかは、タトゥーに近い物だったんじゃないかと思います。
あれは、今の技術では考えられないもんね。

私は、眉毛とアイラインにアートメイクをしています。
もう8年くらい経つのにアイラインは落ちていません。

アイラインは、眉毛に比べて色が落ちにくいんです。
何故かと言うと、まぶたは皮膚の新陳代謝がほとんどないので、色が長持ちするって聞きました。
だから、一度アートメイクしちゃえば、長い間そのままで良いのでお得です。
(眉毛はほとんど落ちちゃったので、いい加減にやり直さないといけないんだけど)

アートメイクの痛み

初めてアートメイクをした時は、とにかく痛みが心配でした。
痛いの大嫌いなので。

クリニックでやれば表面麻酔をしてくれるから痛くないらしいんだけど、高いからか私の周りではクリニックで施術してもらった人は1人もいません。
私もクリニックではなく、サロンで体験しました。
注意:本当は医師免許がないとアートメイクってやっちゃダメなんだけどね。

実際に私が体験してみたサロンでは、なんと痛みは全くありませんでした。
何で痛くないかっていうと、痛みを和らげるクリームを使ってくれたからなんですね。
そのクリームに麻酔成分が入っていたのでしょうね。
おかげで、ま〜〜〜〜ったく痛くありませんでした。
アイラインに関してはくすぐったくて我慢出来ないくらいでした。

そのクリームについてはハッキリとした説明はされませんでしたが、多分日本では無認可のモノだと思います。
個人サロンではそういったグレイなものを使ってくれる所と、痛み緩和系のクリームをまったく使わない所の二種類があるみたいです。

私は無認可モノでも何でもいいから、とにかく痛くなければOKだったので、結果としては大満足です。
その辺りは、自己責任でネットでよ〜く調べてから行く事をお勧めします。
なお、個人的には痛み緩和系クリーム無しで、針をブスブスさされる施術なんて考えられません。
想像しただけで怖くて血尿が出そう。

※2015年4月追記↓↓

アートメイク体験談

いい加減に眉毛のアートメイクをやり直そうと思い、行ってきました。

7年ぶりのアートメイクです。
本当は、前回行った個人サロンに再訪しようと思ったんだけど、
経営者が捕まって閉店してました

腕も良かったし、値段もお手頃だったので残念です。

仕方が無いので、別のサロンを探して行く事にしました。
それにしても、取り締まりが強化されたのか、以前よりもアートメイクを宣伝しているサロンが少なくなった気がするな。
今回行ったサロンも、クリニックではないのですが「クリニックと提携しています」的な曖昧な文句が書かれていました。
でも、結局はただの美容サロンです。
そう言った事は、すべて承知の上で行く事にしました。

before
施術前の眉毛 (妖怪眉無し)

まずは、希望の形や色を言って施術者が眉毛のデザインをしてくれます。
鏡でチェックしながら丁寧にやってもらい、実際に施術してもらうという流れは前回のサロンと同様です。
痛み緩和系の怪しいクリームも、前回同様にたっぷりと塗布してくれましたので痛みゼロでした。

しかも今回は眉毛全体ではなく、眉山から眉尻の部分のみの施術だったため12,000円!!安い!!
普通は何週間か間隔を空けて1,2回繰り替えすんだけど、私はあまり濃くしたくなかった(自然な感じが良い)ので1回のみ。12,000円ぽっきり。
しかも眉山から先の部分のみとは言え、私の眉毛はほぼ無いので(笑)かなり広範囲を施術してもらえました。

実際の仕上がり画像はこちら↓

after1
施術直後の眉毛
ワセリンを塗っているのでテカテカしてます。
施術後は乾燥させちゃうと、仕上がりが汚くなっちゃうので、ワセリンでしっかりと保護します。

直後はすごく濃いんですけど、画像だとそんなに濃くは見えないかな!?
実際は海苔をくっつけたみたいな立派な眉毛です。

アートメイク体験後の経過画像

アートメイクをした直後から1週間の経過を写真に撮ってみました。

before
施術前

after1
施術直後

after2
1日経過

after3
2日経過

after4
3日経過

after5
4日経過
この辺からやっと、かさぶたになってポロポロと取れ始めた。

after6
5日経過
眉毛がまだらになって、この時期が1番恥ずかしいし、むず痒いです。でも、取っちゃダメ。

after7
6日経過

after8
7日経過
ここで、すべてのかさぶたが剥がれたのでアートメイク完成。

直後は海苔を貼った様な眉毛でしたが、カサブタになって少しずつ取れていきます。
このカサブタがむず痒くて、手で取ってしまいたくなりますが、絶対に無理矢理取ってはいけません!
取ってしまうと眉毛にムラが出来てしまう可能性があるのです。
ワセリンを塗って自然に取れるのを待たなければなりません。

アートメイク1年経過
約1年経過
1年経過した画像です。だいぶ薄くなって来ましたが、まだまだ色は入っています。ちょっと色が赤っぽくなって来たなぁ・・って、それよりも眉毛ボサボサ・・

アートメイクする勇気が無いなら

眉ティントはどうっすか?

韓国で流行っているティント。
ティントには「染める」という意味があるので、かなりしっかりと色が入ります。
物によっては、2〜3日色が持つ物もあるみたいです。

元々はリップティントが流行っていたんだけど、ヘアカラーと同じ色に眉毛も染めちゃおう!って感じでエチュードハウスの眉ティントが流行りました。


ティントマイブロウ ジェル

これなら、痛く無い&高く無いので、いいですね。
デメリットは、自分で眉毛を描かなきゃならないことですね、当然だけど。

アートメイクだと、プロに綺麗な眉毛を描いてもらえて、それが数年持つって言うのがメリット。
ただし、失敗したら修正できません\(^o^)/ヒャホー

ネットで画像検索すると、アートメイク失敗例も見られるので、施術するなら良〜く検討してからにして下さい。

sponsored link