アスタキサンチンと言えば鮭いくら丼

数年前まではアスタキサンチンなんて言葉まったく知りませんでした。それが、ここ最近は良く聞く様になりましたね。
アスタキサンチンは、その強い抗酸化作用からアンチエイジングに効果があると言われています。
どのくらいの効果があるかと言うと・・

アスタキサンチンの抗酸化作用は、ビタミンCの約6000倍、コエンザイムQ10の約800倍、ビタミンEの約100〜1000倍と言われています

単純に酸化=老化と考えると、アスタキサンチンの抗酸化作用は最強のアンチエイジング成分と言えますね。

その他にも、
アスタキサンチンはシミ予防や免疫力アップにも良いと言われています

アスタキサンチンを含む食べ物

アスタキサンチンのサプリメントもありますが、普段の食事でもアスタキサンチンを摂る事ができます!!

アスタキサンチンは鮭・いくら・カニ・海老などのオレンジ色をした魚介類に多く含まれています。

ポイントは加熱した時に赤くなるかどうか、らしいですね。
私はてっきり、オレンジ色の魚介類は全部アスタキサンチン含まれてるだろうと思って、つい最近まで明太子も必死に食べていました(–;)
明太子のオレンジは、加熱して赤くならないのでアスタキサンチンではないのです。

アスタキサンチンの摂取量ですが、1日に6mg程度摂取すると効果があると言われてます。
これは、紅鮭だと切り身で2切れ程度、車エビで60匹程度、イクラだといくら丼2杯(200g)程度、毛ガニだと5匹程度の量です。

この中で1番、現実的なのは紅鮭の切り身ですね。鮭の中でも紅鮭が1番アスタキサンチンの含有量が多い様です。

あくまで、個人的な感想なのですが、アスタキサンチンは本当に効きます!!
毎日、朝晩鮭を食べ続けていた時期はお肌の調子がすこぶる良かったです。
イクラやカニは高すぎて毎食食べれませんが・・鮭なら、どうにかいけます。
まぁ、さすがに毎日紅鮭2切れを食べ続けるのはキツいので、長く続けたい場合はサプリメントが良いのかもしれません。

なお、今のところアスタキサンチンの副作用等は報告されていない様なので、たくさん食べても問題無さそうです^^

アスタキサンチンを含む化粧品

アスタキサンチンのサプリメントの他に、アスタキサンチンを使った化粧品もたくさん発売されています。
一番有名な化粧品は富士フィルムから発売されているアスタリフトかな。ちょっと高いけど・・。
その他にも有名メーカーだと、コーセーやDHCからもアスタキサンチンを使った基礎化粧品が発売されてます。
そんなに有名じゃないメーカーからも、お手頃な価格なモノから高級なものまで・・最近はホントにたくさんアスタキサンチン化粧品が出ているので、正直言って私もどれを使ったら良いか迷いまくってます。
とりあえず、今使っているクリームにもアスタキサンチンが含有されているものなんだけど・・効果がいまいちなので紹介しないでおきます(^^;)
実は、けっこう前に100円ショップの200円商品で売られてたアスタキサンチンのジェルクリームが意外と使い心地が良くて気に入ってたのですが、廃盤になってしまったみたい・・
てことで、今は多少高くても良いので、効果のあるアスタキサンチンコスメを探し中です。