ボカシオイルは、歯医者さんみたいなニオイがする、サッパリ系の万能オイル。

最初はお土産で貰った怪しいオイルだったけど、今では私の愛用オイルです。
もう、何本目かな?結構リピってます。

BOKASHI RUB OIL

ボカシといえば、農協で売られているボカシ肥料を思い浮かべたけど、それで合っている様です。
植物を使って発酵させたEM菌と言われる物が入っているボカシのオイル。
そんで、RUBはこするって意味だから、肌にすり込む発酵オイルって感じかな。

ボカシオイルは、1997年に、バリ島にあるオレス社から発売されました。
このボカシオイルを開発した方は、沖縄の琉球大学でEM菌についての勉強をしたそうです。
(実はこのEM菌というのは、沖縄の琉球大学農学部教授の比嘉照夫さんが命名したもの。)
そして、EM菌とバリに伝わるジャムーの技術を合わせて、ボカシオイルを完成させたんだそうです。

sponsored link

ボカシオイルの効果&使い方

ボカシオイルは、万能オイルなので、全身に使えます。
何に使ってもOK。
海外サイトには「皮膚病、擦り傷、虫刺され、かゆみ、筋肉痛の緩和」に効果があると書かれています。
使い方は、「1日2〜3回を患部に擦り込む」だそうです。


あれ?美容効果はないのか?

私は美容液として使ってるんだけど(笑)
そして、なかなか満足してるんだけど。

さらに、ボカシオイルには消臭効果もあるらしいので、お風呂に数敵たらしてアロマバスにしても良いそうです。
う〜ん、歯医者の香りのアロマバスか…

私の使い方は、顔に塗ったり、頭皮に塗ってマッサージしたり、無視に刺された時にも塗っています。(虫刺されへの効き目はイマイチw)

天然成分だけで作られているオイルとのことなので、成分を調べてみました。(わからない単語は、そのまま英語)

【12ml中の全成分】
ココナッツオイル 8.5ml
カユプテオイル 0.45ml
シトロネラオイル 0.45ml
クローブオイル 0.35ml
フェンネルオイル 0.25ml
シナモンオイル 0.25ml
ペパーミントオイル 0.25ml
生姜 0.25g
ウコン 0.25g
Graptophylliの葉 0.25g
サンビロート 0.25g
ガランガル 0.25g
Tinosparaeの茎 0.25g
キンマの葉 0.1g

まあ、色々と入っていますが、とにかくクローブの香りが強いです。
とにかく「クローブ=歯医者のニオイ」な感じなので、最初は、ボカシオイルを使う度に、歯医者の恐怖がフラッシュバックして、ドキドキしました。
慣れれば良い香り。

オイルと言っても、サラッとしてるので、美容液みたいに使えます。
スキンケアで使う場合って、普通は最後にオイルだけど、ボカシオイルの場合はサラサラなので、化粧水の後に美容液の様にして使ったりするのが1番いい。

で、このボカシオイルなんだけど、肌が弱っている時に使うと、ピリピリする時があるんだよね。
これネットで検索してみたら、私だけじゃなくて、結構同じ様な人が多いみたい。
私は特に生理前で、乾燥しがちな敏感肌状態の時に、ピリピリします。
でも、すぐにピリピリはひくので、気にせず使ってるけど、あまりにも肌荒れが酷い状態の時は、刺激が強すぎるから使わない方がいいのかも。

多分、生姜とかガランガル、あとペパーミントかな?
その辺りの刺激が、弱っている肌には強く感じるのかもしれない。

sponsored link