グミの主成分はコラーゲン

アンチエイジング系の美肌対策といえば、まず思いつくのがコラーゲンじゃないですか?
そんで、私もあれやこれやと色々試しました。
しかし、効果は「あるんだかないんだか・・????」といった感じ。

で、コラーゲンについて、調べてみたところ、

コラーゲンは、いくら摂取しても体内に入るとアミノ酸に分解されちゃうから、お肌にはコラーゲンが行き渡らない!!

ということは、コラーゲン鍋を食べた翌日は、お肌がプルプルになってる♪っていうのは錯覚なのか!?アミノ酸を摂っているだけなの!?
でも、アミノ酸は健康にも美容にも良いから摂ってマイナスはないですが・・なら最初からアミノ酸を摂ればいいのかな(–;)

コラーゲンとは!?

そもそもコラーゲンって何なの!?って言うと、

コラーゲンとは・・たんぱく質の一種です。体内にあるたんぱく質のうちの30%がコラーゲンで、主に骨や軟骨や真皮を作っているのがコラーゲンです。

この真皮っていうのが、重要な所です。
真皮は表皮(肌の表面)のさらに奥の部分で、ここにコラーゲンが足りていないと、ハリがなくなってシワやたるみの目立つお肌になってしまいます。
コラーゲンは年齢とともに減少していくので、年を取ると肌にしわが増えていくのは自然なことなのです。

このコラーゲンをどうにかして体内で増やす事は出来ないかと、あれやこれやと試してみる・・というのが、アンチエイジングってやつですね。

コラーゲンを増やす食べ物

コラーゲンを作る食べ物

さて、どうしたら体内でコラーゲンを作れるのか!?というと・・

コラーゲンを作るにはアミノ酸とビタミンCが必要!!

そう、コラーゲンを作る為には、やっぱりアミノ酸が必要なのです!!
そしてさらに、コラーゲンを作るのに必要なのは、アミノ酸の中でもリジンとプロリンという種類のアミノ酸です。

リジンとプロリンは手っ取り早くサプリメントで摂るのもいいけど、リジンやプロリンの入っている食材を知っておけば、普段から意識して摂れます☆

リジン・プロリン・ビタミンCを含む食べ物

リジン
リジンは大豆とか肉類・魚介類にたくさん含まれています。
おススメは、アンチエイジング効果も期待出来る鮭(鮭にはアスタキサンチンというアンチエイジング成分が含まれています)
鮭にレモン汁をかければビタミンCも摂れます。

プロリン
プロリンはゼラチン・麩・大豆などに多く含まれています。
ゼラチンを含んだゼリーとかグミってコラーゲンが豊富だから食べるとお肌がプルプルになるとか言われてるのは、プロリンが含まれているからだったのかな。

ビタミンC
言うまでもありませんが・・ビタミンCはレモンやオレンジ等の柑橘類やアセロラにたくさん含まれています。

大豆にはリジンもプロリンも含まれているし、イソフラボンの効果も期待出来るので大豆製品を食べる事が美肌対策には良いみたいですね。
あ、実は大豆製品を食べて、どのくらいの美容効果があるかは個人差がかなりあるのです。詳しくはコチラの記事で・・▶︎ソイチェックキットの結果

コラーゲンを作るには、コチラのレシピが理想的かも!!Cpicon 簡単✩大豆と鮭のさっぱりサラダ by apple001