ぎっくり腰をキッカケに、絶賛ダイエット中な私です。
とりあえず、簡単に出来そうな豆腐ダイエットから始めてます。

豆腐ダイエットのやり方とか

豆腐ダイエットのやり方を簡単に言うと、主食(ご飯とかパンとか)を豆腐に置き換えるというもの。
1日3食すべてを豆腐に置き換えるのではなく、1~2回にしておくのもポイントみたい。
で、主食を置き換える以外は、いつも通りの食事をするという感じ。


ふむ・・・

要するに・・・低糖質ダイエットの類いか??

個人的に、完全に炭水化物を抜く糖質制限ダイエットはやらない様にしてるんですよねぇ。
最近ってお米(炭水化物)は悪!!みたいな傾向があるけど、私は米って凄く重要なものだと思ってる。

米を抜いておかずを多めに食べると、確かに体重は減るんだけど、ストレスとリバウンドが酷い。
「一生米食わねえ!!次に食べるのは死ぬときでいい・・」っていうGacktレベルの覚悟があるなら米を抜いても良いと思うけど、私には無理。

しかも、米無しで肉料理を食べるとうんこが黒くて臭くなる。私の場合。
だから、米を完全に豆腐に置き換えるのはやめました。

↓こんな感じに、木綿豆腐に米をほんの少し混ぜて食べる事にしました。

ご飯の分量が多く見えますが、豆腐1丁の上にご飯を薄く乗せているだけなのです。
これなら、どうにかイケると思う。

豆腐ダイエットで気をつける事

豆腐ダイエットのメリットとして、「安い」「イソフラボンの美容効果」「低カロリー」ってことが言われているみたいだけど、これらのメリットには気をつけなきゃなんない事があります。

まず、イソフラボン効果ね。
大豆に含まれるイソフラボンには、女性ホルモンと似た働きがあるので美容効果が期待出来るってやつ。

これ、半分正解で半分間違えです。
簡単に言うと、日本人の2人に1人はイソフラボンの効果なしです。

イソフラボンそのものが女性ホルモンに似た成分では無いんです。
腸内にいるある菌がイソフラボンを取り込んで、エクオールと言う物質に変えるんだけど、このエクオールっていうのが女性ホルモンと似た働きをするんです。
そんで、このエクオールに変える事が出来る腸内菌は、日本人の2人に1人程度しか持ってないんですよね。

だから、いくら大豆イソフラボンだ〜女性ホルモンだ〜って言って食べても、2人に1人には無意味。
大豆製品たくさん食べてるのに、どうも効果が無い気がする・・って人は、一度チェックしてみるといいですよ。

私は前に検査してみたら、運良くエクオールを作れるタイプでした。
肥満チェックは最悪な結果だったけど、ソイチェックは良い結果だったんすよ。
そんな私には、豆腐ダイエットの相性は良いって事です。

ちなみに、エクオールを作れない人でも、大豆にはレシチンやサポニンなんかも含まれているので、別の健康・美容効果は望めます。
今はエクオールのサプリなんかも売られているので、作らない人はサプリを飲んで補給する事もできるし。

続いて、豆腐は安いから続けやすいって言われているけど、あんまり安い豆腐には注意をした方がいいよね。
以前に中国のニュースで、「毎日豆腐を食べ続けていた男性の腎臓に、結石が420個出来てた」って事もあったし・・

参考記事>>>原因は豆腐の食べ過ぎ!中国人男性の腎臓から420個の結石を摘出

この豆腐には、凝固剤として硫酸カルシウムが使われていたのが原因ぽいんだけど、日本の豆腐にも硫酸カルシウムが使われているものがあるらしいので、要注意。
出来るだけ天然にがりを使ってる豆腐を選ぶ様にしよう。

あと、「豆腐は米に比べて低カロリー」っていうのもメリットらしいけど、その分満腹感も低カロリー。

と、文句ばかり書いてしまったけど、私けっこう豆腐好きなんすよ。
特に木綿豆腐の濃厚なや〜つとか大好き。

この豆腐ダイエットのおかげで、今んとこ61.5キロまで減りました。