越冬クリームの口コミ

冬になると、乾燥のせいで、足のスネがカッサカサになります。
足のスネだけ見たら、完全に老人です。

おまけに、痒くて無意識にボリボリ掻きむしってるんで、酷い時は、ひび割れに血がにじみ、白い粉まで吹いている。
可哀想なスネです。

そんな時に、越冬クリームと出会い、今では冬コスメのエースとなっております。
越冬クリームのレビューに加え、冬の乾燥対策も調べてみました。

冬の乾燥&かゆみ対策

冬の乾燥&かゆみには、乾燥で不足してしまう油分を、ローションや保湿クリームで補うだけで、だいぶ痒みが収まります。
しかし、すでに乾燥してから保湿をしても、あまり効果が無いんです。

だから、ケアのポイントはお風呂上がりなのです。

冬場は寒いので、湯船やシャワーの温度も上がりがち。
で、高温のお湯を使うと、余計に体が乾燥しちゃうんですよね。
それでも、お風呂上がりに、しっかりと保湿をするだけで乾燥と痒みが軽減されるんです。

はい、そこで出て来るのが越冬クリーム。
乾燥&かゆみが重症レベルだった私には、このクリームがホントに効いた。

sponsored link

越冬クリームとは

越冬クリームの口コミ

越冬クリームは、ハウスオブローゼ(ビーハニー)から出ているクリームで、顔にも体にも使える全身用クリームです。
数年前の冬の寒い時期に、池袋の駅構内で限定発売されていたところを見つけて、名前につられて衝動買いしました。
越冬(えっとう)っていう言葉がうまいよね。


冬が越せるクリーム!?

なんか、良く分かんないけど、冬になるとカサカサになる私には、凄く魅力的な響きです。

▶︎ ハウスオブローゼ公式サイト

肝心な使い心地ですが、まさに越冬という感じのクリームでした。
越冬クリームを塗った所は「乾燥??何ですかそれ?」ってくらい、乾燥知らずになります。

凄く保湿力がある感じではなく、油でテカテカという感じでもない…う〜ん、何て言えばいいのかな。
重めだけど、伸びがいいクリームって感じです。

越冬クリームの成分

越冬クリームの成分
越冬クリームの配合成分は、このような感じです。

このクリームは、「ミツバチの恵みを詰め込んだリッチクリーム」という事なので、ハチミツやローヤルゼリーが配合されています。
だけど、使っててミツバチの恵みを体感した…無いなぁ。

スネに越冬クリームを塗ってみた

越冬クリームの口コミ
乾燥して粉が吹いた今年の私のスネ(しかも痒い)
いや〜、カッサカサだね。
顔は、毎日ケアしてるけど、服で隠れてる部分のケアは怠り…このような結果に仕上がりました。

越冬クリームの口コミ
では、越冬クリームを塗ってみます。

越冬クリームの口コミ
ぬりぬり。

越冬クリームの口コミ
しっかりと擦り込んで。

越冬クリームの口コミ
ちょっとマシになりました。う〜ん、凄い威力。

越冬クリーム、おすすめです。
あ、でも、ひとつだけ気に入らない点もあります。
香りです。

香りには好き嫌いがあるから、何とも言えないんだけど、越冬クリームはちょっと苦手な香りが入ってます。
だから、顔に使うと、ニオイが気になるので、ボディ用にしています。
(あと、顔に塗るとちょっと重すぎる感じもするな。超乾燥肌な人にはいいのか。)

香りを除けば、冬場の乾燥には超優秀なクリームなので、私みたいに、乾燥で痒くなっちゃう人は、お風呂上がりに越冬クリームを擦り込んでみて下さい。

越冬クリームを安く買うには


越冬クリームは割引されたりしているのを見た事がないので、定価で買うしか無いみたいです。
とはいえ、もともと越冬クリームって、安いんですよ。
私の買った100gのクリームで1,296円です。
(大容量の220gだと2,592円で、30gのチューブ型だと540円です)

こういうのは、だいたい公式サイトで買うよりも、Amazonとか楽天市場の方が安いもんなんですよね。
でも、調べてみた結果、公式サイトから通販するのが1番安かったです。

公式サイトの、送料は全国一律324円なんだけど、Amazon・楽天の送料は、だいたい500円以上かかる。
※公式サイトは、5,400円(税込)以上の場合は送料無料です

※越冬クリームは冬季限定商品です。
▶︎ ハウスオブローゼ公式サイト

とはいえ、私は、欲しいと思った時にすぐ欲しいので、電車に乗ってハウスオブローゼまで行って買ってます。
(でも、良く考えたら電車代より公式サイトで通販した方が安かった。)


ま、いいんだ。即日で買えたし…。

越冬クリームでも冬を越せない場合は

風呂上がりに越冬クリームを塗っても、痒みが収まらない!っていう人は、乾燥だけではなく、アレルギーなどの原因があるかもしれないですね。
実際に、私の友人にも越冬クリームが効かない人がいました。

そんな友人は、竹酢液を使っています。
木酢液とか竹酢液には、ちょっと香りにクセがあって、薫製のようなニオイがします。

私はこの竹酢液のニオイが苦手なんだけど…アレルギー体質の友人には1番合っていて、お風呂上がりにスプレーで体に吹きかけて、8割くらい乾いたら越冬クリームを塗る様にしてる様です。
あ、これも、お風呂上がりにケアするのがポイントです。

それでも痒い場合

竹酢液でも痒みが収まらない場合は、漢方薬を試してみるのもいいかも。(あ、その前に皮膚科に行くのが正当な手段ですが)

私は以前に、四物湯(シモツトウ)というホルモンバランスを整えてくれる漢方を飲んでいたことがあります。
四物湯には、肌を潤してくれる効果もあったので、その頃は肌の調子も非常に良かったです。(冬でも痒みが無かった!)

ツムラやクラシエから錠剤の漢方も出てるけど、煎じるタイプの方が効き目は高いと思う。
私が飲んでいたのも煎じて飲むタイプの物で、面倒&飲みにくかったけど、効き目には満足でした。

乾燥防止に効く食材

最後に、乾燥肌に良いと言われている食べ物。
調べれば、い〜っぱいあるんだけど、その中でも1番簡単で手軽に食べられる「アボカド納豆」はオススメ。

納豆
ムチンという成分が含まれており、粘膜を中心に潤いを与えてくれます。
また、納豆に含まれるビタミンB2は皮膚や粘膜を強化してくれます。

アボカド
アボカドは森のバターとも呼ばれていて、良質な脂肪分をたくさん含んでいます。
若返りのビタミンとも言われているビタミンEが豊富に含まれていて、細胞膜を守ってくれます。