キラキラした瞳の女の子は200%モテる!!

長年の人間観察の結果、モテる女の子の「瞳キラキラ」率はかなり多いです。
というよりも、目がキラキラと輝いているのにモテない子なんていない!!

でも、「瞳の輝き」って、メイクでどうにかなる問題じゃないんですよね。
いくらメイクで、まつ毛を盛ったり、アイラインをしっかり引いて目をパッチリと見せても、瞳をキラキラに輝かせるのは難しい・・

そして、最近ふと思ったのは、キラキラの目は、可愛く見える以上に、若くも見えるんですよね〜・・
老眼に怯えている場合じゃない!!若作りの為にも、目をキラキラにしないと。

目を輝かせる方法は「ドーパミン」がキーワード

私は「モテる子は目がキラキラしている」の法則(?)を、中学生の頃に既に発見していました(笑)
なので、当時からあれこれ色々な事を試してきています。

当時は「リセ」を使うと目がキラキラになるというのが、女子の間では有名でしたので、私もピンク色の「ロートリセ」を使っていました。
効果の方は・・直後は目がウルウルして目が潤うけど、これといって他の目薬との違いは無かった様な気がします。

その他にも「夢を持っている人の目は輝く」とか「ワクワクしていると目がキラキラする」などという、都市伝説っぽい情報を手に入れて、常にウキウキワクワクするように心がけていたりとか、色々と試してみました。

中には、「人間は、死ぬ直前は目がキラキラと輝く」という話もありました。
まさしく都市伝説!!かと思ったら・・どうやら、これには理由があったみたいです。

色々と調べてみると、人間は死ぬ前にドーパミン(快感物質)が大量に出るらしいのですが、このドーパミンと目の輝きには関係があるらしいのです。
ドーパミンが増えると、目の粘膜が潤って瞳が輝くらしいんです。

また、ドーパミンが出ている時は、ワクワクしている時なので、「ワクワクしていると目がキラキラする」も当たっているんですね・・

ということは・・ドーパミンを増やす方法を考えれば目が輝く??

ドーパミンを増やす

ドーパミンを増やす方法は、「運動をする」「感動する」「ドキドキする」「ドーパミンを高める作用のある音楽を聴く」「ドーパミンを高める作用のある食べ物をとる」など。

「運動をする」は、そのまま自分の好きなスポーツをすればOK。
「感動する」は、映画やドラマを見たり、本を呼んで感動するのでOK。
「ドキドキする」は・・遊園地に行って乗り物に乗ったり、好きな人とデートをしたりかな??
「ドーパミンを高める作用のある音楽を聴く」は、クラシック音楽が良いそうです。特にモーツァルトの音楽が効果的だと聞いた事があります。
「ドーパミンを高める作用のある食べ物をとる」は、チロシン・クルクミン・テアニンを含む食べ物を食べると良い。

ドーパミンは、アミノ酸(チロシン)から作られるので、チロシンを含む食品を食べたり、サプリメントで摂取するという方法が有効です。

チロシンを多く含む食品
大豆・チーズ・たらこ・たけのこ・しらす干し

また、「チロシン」以外にもターメリックに含まれる「クルクミン」や、緑茶に含まれる「テアニン」という成分もドーパミンを高める効果あります。

目薬の「キラキラ目」効果

以前に、常盤薬品工業株式会社から「うるおいキラリ」という、いかにも目がキラキラしそうな目薬が売られていました。
有効成分は、「ヒプロメロース」と「塩化ナトリウム」で、潤いと光の反射量でキラキラ瞳を持続させる事が出来るんだとか。
私は実際に使っていないので効果の程はわかりませんが、この二つの成分なら配合されている目薬は結構あるので、気になる方は探してみてください。

私が目薬で「キラキラ目」になれた!!と実感出来たのは、「インドのアーユルヴェーダ目薬」です。
とてつもなく強い刺激で、例えるなら玉ねぎを目に突っ込んだ様な刺激なのですが、その後は凄く爽快&目もキラキラになった気がします。
そういえば、インド人はみんな目がギラギラに潤っているので、インドの目薬を使うのは悪く無いかもしれないですよ。
ただ、アーユルヴェーダ目薬はAmazonで探してみたけど、無いみたいなので入手するのは難しいかな・・

それと同時に、インドの女性や子供が目のまわりに塗っている黒い炭みたいなもの・・カジャルというアイライナーも、オススメです。
ハーブを炭にしたもので、本来は眼病予防の目的で使用していたみたいなんだけど、現在では製品化されて普通の化粧品のアイライナーの様に使えます。
直接、目をキラキラさせる効果はないけれど、うまく使えばエキゾチックでキレイな瞳が作れます。

▼カジャルは売られていた^^

ムチンも目を潤わせてくれる

あとは、目の潤いを増すには「ムチン」という成分が良いみたい。
ムチンには粘膜を保護してくれて、ドライアイ予防の効果もある成分で、食べ物やサプリメントから摂取出来る成分です。
手っ取り早く、ムチン入りの目薬は売っていないのか!?と思って調べてみたけれど、どうやら市販品は無いみたいです。

ということで、ムチンは食品やサプリメントで摂取するようにして、目の潤い力をアップさせるしかない。

ムチンを多く含む食品
納豆・わかめ・めかぶ・もずく・昆布・おくら・山芋・なめこ・さといも・レンコン・モロヘイヤ

こういったヌルネバ食品に多く含まれているみたいです。

ムチンは保水性に優れていて、免疫アップ効果等もあり、美容・健康にも良い成分なので、意識して取る様にしよう!!
熱には弱い成分なので、食べる時は生食で \(^o^)/