同じ化粧品を使っているのに効果が無くなったって感じることないですか??
私は若い頃はそんなに感じなかったんだけど、20代後半あたりから「この化粧水あんまり効かなくなってきたな〜」と思って、買い替えたりすることが増えてきました。
↑これこそ浸透力の違いなんです。

例えばスポンジに水をたらすと、グングン水を吸収して膨らみますよね。
逆に、カラカラに乾いた土に水をたらしても、水をはじいてしまいあまり吸収しません。

これと同じことが肌にも起こる様で、若い頃の肌はスポンジの様にグングン水分を吸収してくれます。
しかし、年を取ってくると肌の新陳代謝が滞ってきて、肌表面にはがれ落ちずに硬くなってしまった角質が邪魔をして、水分が浸透しにくいんです。

肌の新陳代謝

その他にも、肌に水分を取り込むアクアポリンは加齢とともに減少してしまうので、ますます化粧水の浸透が悪くなってるんです。

あ、ちなみに浸透と言っても、実は肌の奥(真皮)にまで水分が届くことは無いんです。
だけど、実感として同じ化粧品を使っていてもきちんと潤う時と、潤わない時ってありますよね?
例え肌の奥にまで水分は届かないものでも、やはり肌の新陳代謝とアクアポリンの減少は浸透力に大きく関わっているのだと思います。

老化した肌に水分を運ぶには導入液(ブースター)がGOOD

どうしたら代謝の悪くなった老化肌を潤すことが出来るのか!?
ここで、ここ数年流行っている導入液です!!

色々ある導入液の中から「フィオリーレ(fiorire)」という導入美容液を試してみました。
理由は「植物由来だし、お試し価格が安いから・・」って感じです^^

公式サイト▶︎製薬会社が開発した導入美容液【fiorire(フィオリーレ)】

まず、植物由来成分ですが「マンゴー・マンゴスチン・チェリモヤ」の南国フルーツ成分で肌を柔らかくするそうです。
チェリモヤってなんだ??と思うかもしれないけど、森のアイスクリームとも言われているねっとりとした甘い果物です。
一度だけ沖縄で食べたことあるんだけど、葉酸やビタミン類の豊富な南国の果物です。
チェリモヤ成分が入っている化粧品なんて珍しいなぁ・・

続いて、美容効果ではお馴染みの「ざくろ」が配合されています。
ざくろに含まれているアミポリンという成分が、アクアポリンを増やしてくれるんだそうです。

そして、最後に「ツボクサエキス・ゴールデンカモミール・マカデミアナッツ」のハーブ系成分が肌を整えてくれるんだとか。
どれも乾燥肌に良い保湿系成分が期待できるハーブ類です。

南国フルーツ成分でお肌を柔らかくしたら、ざくろで水分を運ぶ水路を作り、保湿効果の期待できるハーブ類で肌を整える

と、いう流れみたいです。

フィオリーレの導入美容液を試してみた感想

フィオリーレの効果

お試し価格の980円(送料込み)でフィオリーレを注文してみました。

フィオリーレ

この美容液を、普段使っている化粧水の前に使ってみて、お肌へのなじみが良くなるのでしょうか^^

さっそく試してみます。

フィオリーレを使った感想

トロッとしている様に見えますが・・

フィオリーレを使った感想

フィオリーレの効果

フィオリーレの効果

肌につけるとス〜ッと伸びて、かなりサッパリとした使い心地です。

そして、フィオリーレをつける前と後では、どのくらい化粧水が浸透するのか・・を手の甲で試してみました。

フィオリーレ使用後

たまたまなんだろうか・・って思うくらいに、化粧水が肌にビシャッとなって馴染みました!!
これは凄い。化粧水をジャブジャブ使える!
そういえば、最近化粧水があんまり肌に染み込まないんで、化粧水の減りが遅かったんです。
節約になるという点では良いんだけど、日に日に潤いが不足してきている気がしてたのです(^^;)

フィオリーレと普段使いの化粧水でバシャバシャして、しばらく様子を見てみよう♪
公式サイトはコチラ▶︎導入美容液「fiorire(フィオリーレ)」