韓方系の韓国コスメによく配合されている高麗人参の美容効果について、調べてみた。
だいたいアンチエイジング系のコスメに使われる事が多いですよね。
あの独特な香りが、「効果ありそう〜!」っていうプラシーボ効果を高めてくれます。

高麗人参の効果


高麗人参茶(まずいっ!て程では無い)

一般的に高麗人参と呼ばれている物はオタネニンジンです。
ニンジンとは言っても、スーパーに売られている普通のオレンジ色のニンジンとは種類が違います。(仲間でも何でもなく、完全に別種)

韓国では、コスメに配合するよりも食用(薬)として使われる事の方が圧倒的に多いですね。
サムゲタンに入っていたり、朝鮮人参酒とか、健康茶(人参茶)に使われていたりもしますが、高麗人参といえば濃縮液が1番有名なんじゃないかな。
あれ、ちょっと高いけど効くんですよ。→高麗人参の濃縮エキス


何に?

【高麗人参の効果】
糖尿病、免疫力の向上、抗がん作用、冷え性の改善、血流改善、精力増強、二日酔いの解消、抗がん剤投与時の吐き気予防

数えきれないくらいの健康効果があるのですが、私が特に強く感じるのは冷え性の改善効果!!
高麗人参の濃縮液をお湯で溶いて飲むと、体の芯からポカポカしてくるので、風邪のひき始めに飲む様にしています。
※高麗人参は体を温める作用が強いので、熱がこもりやすい体質の方や、血圧が高い方等の飲用は避けた方がいいかもしれないです。

ちなみに高麗人参には、サポニン・アミノ酸・ビタミン、ミネラル類などの美容に良い成分がたっぷりと含まれているので、「肌の血色が良くなる」「肌がプルプルになる」などの美容効果があります。
化粧品として外用で使う場合にも、乾燥予防や保湿効果が期待できます。

韓国で売られている高麗人参には大きく分けると、インサムとホンサムという二種類があります。(本当はもっとたくさん細かく分かれてるんだけど)

◎インサム(人参)
◎ホンサム(紅参)

この二つの違いは、加工方法の違いです。
すごく簡単に言うと「インサムはそのまま乾燥させた物」「ホンサムは蒸して乾燥させた物」って感じです。
韓国ではホンサムの方が高価です。
個人的には「蒸したりせずに、そのまま方が栄養価が高そうなのに」と思ったんだけど、韓国の土産やの店員に夜と「蒸す事によってインサムの微細な毒を除去してくれるし、皮ごと蒸すので栄養価も濃縮される」って事らしいです。
インサムが効かない人でも、ホンサムなら効くって人もいるんだとか。

sponsored link

高麗人参コスメ

今、私が使ってる高麗人参コスメは、高麗人参の石鹸くらいか。
この石鹸は安物だけど、なかなか良いです。

そういえば高校生の頃、顔に湿疹が出来てしまい酷い状態になった事があるんです。
アトピーが悪化した様な感じで、顔中に赤みと乾燥に加えて、ひび割れまで出来ていて、口を開くのも辛い状態だった。

そんな時に、近くの西友かなんかの物産展みたいな所に、韓国人が高麗人参配合の石鹸を売りに来ていたんです。
綺麗な韓国人のお姉さんが、顔がブツブツの私の元に駆け寄って来て「これ、ちゅかってみてください。あなたの肌治るから。」と、サンプルをくれました。

それが、韓国コスメとの初めての出会い(笑)シンビの石鹸でした。

▼探したら、今でも売られていた!!

あまりにも高麗人参の香りが強かったので、人参石鹸だと思ってたけど、「高麗人参・明日葉・甘草など、9種類の韓方生薬エキスを配合。」って書かれてますね。
韓方石鹸だったんですね。

そして、あんなにボロボロの状態の私にすすめるくらいなので「アトピー性皮膚炎・敏感肌・乾燥肌・荒れ性肌の方でも安心してご利用いただけます。」とのことです。
あの頃に実際に使ってみて、ホントに助かりました。

あの物産展で、遠くにいたボロボロ肌の私に向かって駆け寄って来てくれた韓国人お姉さんに感謝です。
普通、日本人だったらあんな事しないよね(笑)
若いのにボロボロの肌だったから、可哀想って思ったんだろうね。

凄く良い石鹸だったけど、高校生だった私には本体を買うお金が無く、貰ったサンプルだけをチビチビ使っていただけなんだけど、今値段を見たら1000円もしないんですね。
確か当時はもっともっと高いものだったと思ったんだけど…金銭感覚の違いか??

とにかく、そんな思い出があるので、私にとって高麗人参=救世主なのです。
高麗人参配合と書かれているだけで「これは効く」と思ってしまう。

特に冬場の寒くて乾燥している時期には、高麗人参エキスが配合されたフェイスパックやクリーム等おすすめです。

sponsored link