夏ケアと言えば、日焼けして火照った肌を、冷まして保湿してくれるアロエジェル。
色んなメーカーから似たようなジェルが、たくさん出てます。

アロエジェルの効果

韓国のアロエジェルは、どれもアロエベラ成分が、だいたい80〜99%くらい、高配合されていて、もうほぼアロエです。

うちの実家では、昔からキダチアロエとアロエベラを育てていて、胃が痛くなったらアロエのジェル状の部分を飲んだり、ヤケドした時にはアロエを貼付けたりしていました。
アロエのジェルには水分が豊富に含まれているから、ヤケドに貼っておくと効果があったんでしょうね。
そう考えると、日焼け後の肌にアロエジェルを塗るのは、効果的なのかな。
焼いてしまった肌には、とにかく水分補給が大事なので。

また、アロエには抗菌作用もあるので、日焼けして弱っている肌に、アロエはピッタリ。

sponsored link

実際に使ってみた感想

非常にみずみずしいジェルです。
香りは、他のメーカーのアロエジェルに比べると穏やかな方です。

このアロエジェルの特徴
◎アロエ成分90%に、9つのハーブ抽出成分が含まれている。
◎日焼けしてしまった肌の熱を取り除き、肌を落ち着かせてくれる。
◎冷蔵庫で冷やしてから使うと、沈静作用がさらに効果的になる。
◎シェービングする時や、ヘアエッセンスなど、全身に使えるジェル。


【全成分】アロエベラ葉抽出エキス(90%)、エタノール、ジプロピレングリコール、グリセリン、ポリソルベート-20ベタイン、アラントイン、カプリル酸グリセリル、BG、カルボマー、トリエタノールアミン、桑白皮抽出エキス、酵母/ムレスズメの根抽出エキス、黒豆抽出エキス、カモミール花/葉抽出エキス、ローズマリー抽出エキス、ラベンダー抽出エキス、ベルガモット葉抽出エキス、バジル葉抽出エキス、セージ葉抽出エキス、オレガノ葉抽出エキス、スペアミント抽出エキス、レモンバーム抽出エキス、ポリグルタミン酸、精製水、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、クロルフェネシン、香料

チューブタイプは、ポットタイプよりも、使いやすいですね。
冷蔵庫で冷やしていなかったので、全然ひんやりはしない。

凄い伸びの良さです。
指で伸ばしたら、ジェルがあっという間に化粧水塗ったみたいな感じになりました。
ベタつきもほとんど無いけど、ちゃんと潤ってもいる。
夏の間は、顔に化粧水+アロエジェルを使うだけでも、いけそうです。



FACE SHOPのアロエジェルと比較

The Face Shopのアロエジェルを持っているので、使用感の違いを比較してみました。


どっちも、みずみずしいジェルだけど、It’s skinの方が、水っぽい。


伸ばしてみると、やっぱりIt’s skinの方が水に近い感じです。
よく伸びて、サッと馴染みます。
ベタつきも、It’s skinの方が少ない。

値段も量もFace Shopの方が断然お得ですが、使用感はイッツスキンの方が好きです。
(Face Shopは300mlで500円、イッツスキンは75mlで800円くらいだった。)
香りは、Face Shopの方が好きな香りだけど、若干強めなのでどっちもどっち。

sponsored link