毎日アイラインしてると、アイラインの成分が目に入り続けてるんだよね…なんか健康に影響あるんじゃないの??怖い。

でも、カジャルなら大丈夫!!
元々は眼病予防などが目的の物なので、むしろ成分が目に入っちゃった方が良い(!?)

カジャルとは

ハーブを燃やし、集めた煤(スス)を練り固めた独特のアイライナー。
(中略)
本来は直射日光から目を守り、眼病を予防する目的があったのです。

【伝統的なカジャルの作り方】

材料
◎ニームの葉
◎カンファー(樟脳)
◎トリファラ
◎ギー
◎アーモンドオイル

これらのインドハーブを、綿の上に乗せて棒状に巻いていきます。
このハーブを巻いた綿に、たっぷりとギーを染み込ませて燃やします。
出来上がった煤に、ギーとアーモンドオイルを混ぜてペーストを作ります。

カジャルに使われるハーブのうち、ニームとカンファーには殺菌&炎症予防効果があり、トリファラには視力回復効果があると言われています。
シャナーズ・フセイン著「ハーブ美容法・インド三千年の秘伝」より抜粋

目の周りを黒く塗るっていうと、野球の選手を思い出してしまう…。

あれも、日差しよけのためだよね。
ちなみに、古代エジプトでも、目元にクッキリと炭を入れて強い日差しから目を守っていたそうですよ。

sponsored link

市販のカジャル

自分で作るなんて面倒だし、ペースト状のままではアイラインとして使いにくいので、私は市販のカジャルを使っています。
インドで買ったHimalayaのやつです。
含まれているハーブ類は、アーモンドオイル、カンファー、ひまし油、バラ、トリファラです。

独特の香り(墨汁みたいな)がするけど、クッキリと色が出るし悪く無いです。
ただ、色落ちは凄いします。
だからカジャルは、クッキリ・ハッキリとしたアイラインをひく目的では使えません。

過去にはバイオティークの物(アーモンドオイルのやつ)を使ってましたが、それも、なかなか良かったです。
ヒマラヤとの違いはそんなにわかんない。

ただし、カジャルはどの商品も色落ちします。
こればっかりはねぇ〜…

カジャルの使い方

私は、くっきりとしたラインや、細いラインは諦めて、にじませる様にして使っています。

▼手の甲にカジャルをひいたところ

▼カジャルをぼかしたところ

▼アイシャドーを重ねたところ

この様に、ぼかす様にして使うとなかなか良いです。
さらに、アイシャドーと重ねて使えば、そんなに色落ちが気にならない。

▼目に使うとこんな感じ

危険な市販品もあるので要注意!

なんと、鉛の含まれたカジャルも流通しているので、気をつけて下さい。

鉛ってあれですよね、半田ごてに使うやつ。
学校の授業でも「絶対に吸い込まない様にしてください」って注意されていたやつです。
あんな物が入っているカジャルがあるなんて…

▼こちらが、鉛の含まれたカジャル

画像引用元:CIDPUSA.ORG

パッケージを見る限り、アーユルヴェーダではなくユナニ(イスラム文化圏の伝統医学)製品なのかな。

どうやら、北アフリカと中東で作られるカジャル(KOHLと言います)には、鉛の含まれた鉱物を使って作る事が多いみたいなんです。
鉛を使わない製法もあるにはあるけど、鉛を使ったKOHLの方が品質が良いとされていることから、今現在も鉛入りのKOHLが作られているとのことです。
アーユルヴェーダ製法のカジャルとは、ちょっと違う製法なんですね。

ちなみに、アーユルヴェーダ製法のヒマラヤやバイオティークは鉛フリーです。

実は私…怪しいカジャル(ていうかKOHLかな)を買った事があるんです。
インド旅行に行った時に、ローカルマーケットで安売りされているKOHLを発見したんです。
上の画像に載っている様な、イスラム系のデザインが特徴的で「こんな神秘的で怪しいパッケージ素敵♥︎」とか思って買っちゃったんですよね。
それも確かインド製では無くパキスタン製だったと思うんだけど…使い心地があんまり良くなかったので捨てちゃいましたが、多分あれ危ない商品だったと思います。

カジャルのメリット&デメリット

では、最後にカジャルのメリットとデメリット。(もちろん鉛フリーのカジャルについてです)

メリット
◎目に良い(使われているハーブによって違うが、抗菌&眼病予防・日よけ・視力回復効果など)
◎敏感肌やアレルギーで、普通のアイライナーが使えない人でも使える可能性が高い
◎意外と安い(天然成分でのみ作られているにしては安い)

デメリット
◎色落ちする
◎細いラインやクッキリしたラインは描けない
◎入手が困難(ネット通販でしか買えない)

sponsored link