カラダは毎日食べる食事から作られている物なので、美髪に良い物を食べる様にしたいですね。
髪の毛の育毛に良いとされている食事を取るのは良いことですが、そればっかりになってもダメなんです。
丈夫な髪の毛を作るには、バランスの良い食事が1番重要です。

育毛効果のある食事

髪の毛に良いと言われている栄養素や食べ物です。

  • ビタミン、酵素(生野菜)
  • 鉄分やタウリン、亜鉛(しじみや牡蠣などの貝類、レバー)
  • ミネラル(海草類)
  • 乳酸菌の摂れる発酵食品(ぬか漬けなどの植物性乳酸菌)
  • たんぱく質(大豆などの植物性タンパク)

乳酸菌を摂るにはヨーグルトなどでも良いのですが、日本人の腸には合わない人がいる上に、人によっては腸の働きを弱めてしまったりするそうです。
出来るだけ漬物などの植物性の乳酸菌を摂るようにした方が良いみたいです。
要するに、和食中心にバランスの良い食事を心がければ良いという事ですね。
(キムチでも植物性乳酸菌は摂取出来ますが。)

野菜はたくさん食べた方が良いのですが、硝酸塩の摂り過ぎには注意が必要です。
硝酸塩の摂り過ぎは貧血の原因や脱毛、薄毛の原因になることもあります。
硝酸塩を多く含む野菜は、ほうれん草、こまつな、チンゲンサイなどです。
しかし、あくまで摂り過ぎに注意なだけですので、普通に食べる分には問題ないです。

sponsored link

薄毛や抜け毛の原因になる食べ物

薄毛の原因や、抜け毛に悪いと言われている食べ物は、一般的に健康にも良く無いと言われている物が多いです。

  • 食品添加物の多いもの(即席麺やインスタント食品)
  • 農薬使用の野菜
  • 精製された砂糖や塩の使われた、甘いお菓子やスナック菓子
  • 化学調味料(アミノ酸)の摂り過ぎ
  • ソーセージやハムなどの加工食品
  • 乳製品(牛乳やヨーグルト)

あまり神経質になりすぎるのも良く無いので、だいたい把握しておくのが良いでしょう。

sponsored link