赤ちゃん肌。
最近だと、韓国の「水光肌」や「陶器肌」も近い感じかな?

とにかく赤ちゃんみたいに、ふっくらとしてツヤツヤな肌に見えるようなメイクといえば、中野明海さんです。


中野明海さんば「大人の赤ちゃん肌メイク」の著者でも有名なメイクアップアーティスト。
大人かわいいイメージのある安室奈美恵さんやYOUさんとなど、いくつになっても若々しいタレントさんのメイクを担当されているのが中野明海さんなのです。
中野明海さん自身も、1961年生まれ(!!)でありながら、ありえないくらいの若々しさと可愛らしさです。

中野さんが紹介しているコスメは、本当に若々しく見える効果があるんです。
私は、特に「赤ちゃん肌」に近づけるファンデと下地がお気に入りで、もうかれこれ10年くらいリピートし続けてます。

赤ちゃん肌ファンデはRMKクリームファンデ

rmk

RMKのクリーミィファンデです。
これは、まわりからの評判がすんごくいい!
今まで使ってたファンデに比べると少し値段が高いのですが、あのツヤ肌を味わってしまうと、もう手放せません。

ファンデーションで1番重要なのは、色選びです。
老け顔に見える人の特徴は、ファンデの色が白すぎるものを使っていることが多いです。
とくに、アラサー以上の人に多いんだけど、いつまでも同じ色の色味を使い続けていると、ファンデが浮いて見えて顔に塗っている感が出ちゃうんです。
誰でも年齢とともに肌ってくすんでくるから、それに合わせてファンデの色も変えていかないと不自然なんです。


でも、これがなかなか出来ないのよね…。

なので、私はRMKの売り場に行って、美容部員さんに自分に合う色を選んでもらいました。
最初は思っていたよりも濃いめの色を選ばれた??と思ったのですが、まわりの反応が超良かったので、この色が正解なんです。
自分で選んでいたら、もうワントーン明るい色を選んでしまっていたと思います。
ファンデ選びは自分で思っている色を買うよりも、プロに選んでもらった方が確実ですよ。

rmkのクリーミィファンデーション
これが、私が実際に使っているRMKのクリーミィファンデーションNです。
カラーは102を使っています。(自分で選んだら101だったと思う。)

使用前と使用後の画像(腕だけど)↓
RMKクリーミィファンデ使用前と使用後

カバー力というよりも、うるおい感・ツヤ感が凄いんですよ。
RMKのカウンターでメイクをしてもらった顔を、そのまま友人達に見せたら「肌超きれい!!」と驚かれました。
シミやくすみをカバーする事よりも、このうるおい感が肌をきれいに見せている気がします。やっぱり「赤ちゃん肌」は潤いがポイントですね。

ちなみに私は、よく美容部員さんにメイクしてもらうのですが、このファンデほどの若々しさが出たことはありません。
この他にもRMKのカラー下地やらコンシーラーやら何やらも買ってみた事はあるのですが、クリーミィファンデーションに比べると、普通でした。
悪くもないんだけど、このファンデほどの感動はありませんでした。

プロにも愛用者が多いアンブリオリスの下地クリーム

続いて下地クリーム。(紹介する順番逆だ)
ファンデ同様に、中野明海さんの本で紹介されていた物です。

アンブリオリスという、おフランスのメーカーのクリームです。
アンブリオリスは、パリの皮膚科専門医が処方したクリームが評判になり、以降65年以上も続く老舗メーカーなのだそうですよ。

下地クリームではなく、保湿クリームとして売られている物なんだけど、中野明海さんは下地クリームとして紹介しています。
マスコミ(映像)関係の仕事をしている友人から聞いた話では、プロのメイクさんで、このクリームを使っている人は凄く多いって言ってました。

このモイスチャークリームは、肌の状態によって3種類のタイプがあります。

  • アンブリオリス モイスチャークリーム:ふつう肌 〜 乾燥肌用/敏感肌用
  • フィラデルム モイスチャークリーム:乾燥肌 〜 超乾燥肌用
  • アンブリオデルム モイスチャークリーム:うるおいエイジングケア/乾燥肌用

中野明海さんが紹介してたのは、水色のフィラデルム モイスチャークリームです。
これは、かなり乾燥肌の人向けなのですが、カッサカサの状態だった私の肌には丁度よかったです。
しかし、使っているうちに肌の状態が少しずつ良くなってきて、これだと重すぎると感じ始めたので、今は青色のふつう肌用を使っています。

アンブリオリスクリーム

保湿力が凄まじいので、どんなに肌荒れしている人でも一発で修復してくれる感じのクリームです。

アンブリオリスのクリームの特徴は、ずっしりとした重い使い心地と、独特の香りかな。
この独特の香りがあるので好き嫌いが分かれる様です。
買う前に@コスメでの評価をチェックしたら、「香りが苦手」って人が多かったです。
次に「油っぽくなる」って意見も多かったな。

確かに香りにはクセがあります。ちょっと古い(懐かしい)化粧品の香りみたいな。
でも、ヨーロッパのコスメって、だいたいこんな感じの香りがするイメージがある。
国によって、コスメの香りって特徴ありますよね?
日本は特に香りが弱いコスメが多いので、このクリームの香りを強く感じる人は多いかもしれない。

そして確かに、塗り心地も、重〜〜〜いし、油っぽくなります。
しかし、ティッシュで軽く抑えればテカテカは防げます。

このクリームの上に、RMKのクリームファンデを重ねて塗ると、真冬の乾燥時期でも潤って見えます。
乾燥した年齢肌がバレないのです。
私にとっては、油っぽさよりも、カサカサに見える方が怖いので、アンブリオリスの脂っこさ大好きです。

ただ、下地クリームとしてのカバー力は、ほぼ無いですね。
シミやくすみのカバーは出来なくても、プリプリした肌に見えるのでやめられません。
気になるなら、コンシーラーを合わせて使えばいいんじゃないかな。

↓今現在、使っているアンブリオリスのふつう肌用のモイスチャークリームを手首に塗って、その上にRMKのクリーミィファンデーションを塗ってみました。
アンブリオリスとRMKファンデ

ツヤッツヤになりますが、叶姉妹の様な不自然なツヤではありません。
本当に乾燥が酷いときはRMKのクリームファンデにアンブリオリスのクリームを半分混ぜて塗っています。

この黄金コンビは、あと10年は手放せない気がする。

sponsored link