蜂蜜肌、陶器肌など…韓国では色んな肌が流行って来ましたが、今は水光肌です。

ちなみに、
蜂蜜肌=蜂蜜を塗った様にツヤツヤな肌
陶器肌=陶器の様につるんとした肌

です。

水光肌・水光メイクとは

水光肌とは、みずみずしく光り輝く肌のことです。

蜂蜜も、陶器も、水光も、とにかくツヤツヤの肌が共通ですね。
そして、ラメやスポットライトではなく、自然な光効果を演出できるのが水光メイクです。

日本では、テレビ番組でIKKOさんが水光メイクを紹介してから、ジワジワとブームが来ました。
しかし、本家の韓国では、実はかなり昔から流行っていたようです。

韓国では2000年代の初めに、「健康・童顔・すっぴんブーム」などと共に流行が始まりました。
そんな中、メイクアップアーティストのチョ・ソンアと、陶器肌で有名なキム・ヒエ(女優)が水光肌メイクを流行らせました。


美肌のカリスマ、キム・ヒエさん

水光肌メイクは、「シミ・そばかす・細かいシワ」を隠しながらも、光溢れる健康的な肌に見せてくれるという事で、韓国で流行しました。
また、最初にブームを作ったとされるメイクアップアーティストのチョ・ソンアさんが作った水光メイクブランドの「Chosungah22」もヒットしました。

水光メイクって、私の大好きな中野明海さんの「赤ちゃん肌メイク」にも似ています。
どちらも、保湿を重点的にした下地作りをして、潤いのあるクリームファンデなどで仕上げる。

特に、水光メイクではクッションファンデを使うのが最近の流行らしいです。
ファンデを肌に密着させる様に塗っていく。てな感じらしい。

日本でも、クッションファンデは密かなブームが来てますよね。
私はフェイスショップのクッションを持っています。


カカオフレンズの限定ケース❤️

基本的に韓国のクッションファンデは薄付きでカバー力は弱い気がするんだけど、潤いとツヤ感が出るので、思った以上にシミなんかもカバーされるんですよね。
やはり水光メイクには、クッションがイイかも。

水光メイク方法を、もう少し詳しく、韓国のサイトで調べてみました。↓

sponsored link

韓国での水光メイク方法

水光メイクのポイントは以下の3点です。


その1.保湿をしっかりとしてくれる基礎化粧品で、肌を整える
水光肌を作る為には、保湿力の高い基礎化粧品を使わなくてはなりません。
しかし、むやみに色々な化粧品を塗りたくると、成分が固まって浸透しなくなってしまうので、最小限の基礎化粧品を使いましょう。

例えば、冬の場合なら「1、ミスト(化粧水)→2、水分美容液→3、水分クリーム」です。
そして基礎化粧品を塗る際には、指先だけで塗るのではなく、手のひら全体を使って密着させる感じに塗っていきます。
また、一度にすべてを塗らずに、それぞれ時間差を置いてから塗ってください。

※水分クリームは、韓国では定番の水分の多いジェルみたいなクリームです。
オススメは、ハーブを主原料にしたコスメブランド「ビリーフ」の水分爆発クリーム。名前が凄い!


その2.ベースメイクは、下地クリームにオイルorパールベースを混ぜる
ベースメイクの段階で、水光感あふれる感じを出すために、ベース製品にオイルやパールベースを少量混ぜてから、塗ってください。
ファンデーションもマットに仕上がる製品では無く、保湿感のある製品を使用します。
乾燥肌が酷い場合は、ファンデーションに美容液等を混ぜて塗る事もありますが、自分の肌の状態に合った物を使う様にします。
場合によってはメイクブラシ等を使い、ファンッデーションを肌に密着させる様に塗って下さい。

※ファンデはやはり、クッションファンデがオススメですが、肌の乾燥が酷い人は、クリームタイプを使った方が良い。(さらに酷い乾燥肌の場合は、クリームファンデに保湿クリームを混ぜて使う)

※下地クリームは、赤ちゃん肌メイクにも使うフランス製のアンブリオリスのクリームが最強の保湿力なのでオススメです。
臭いはちょっとキツいけど、真冬でもツヤツヤのお肌になれます。ファンデに混ぜるのもこのクリームがおすすめ。


その3.一週間に1〜2回は毛穴クレンジングパックをする
肌の深い部分から光り輝く、水光肌を作りたいなら、一週間に1〜2回程度は毛穴クレンジングパックをして毛穴をきれいに保ってください。
多くの方々が角質除去を習慣的にしているみたいですが、冬にやる場合は肌に刺激が少ない方法で行う様にします。
粒子の細かいクレイパックは、古い角質を優しく吸着除去してくれるのでおすすめです。
化粧ノリが良く無いなと感じたら、必ず夜に毛穴マスクをしましょう。

※毛穴クレンジングパックは、黄土などのナチュラルクレイを使った優しい物がおすすめ。

以上、韓国サイトで紹介されていた水光肌メイクの作り方でした。

ツヤ肌の威力

さて、ここで質問です。


10代だけどシミそばかすの多い子 vs 50代だけどシミ一つない美白肌
どっちがキレイに見えると思いますか??


う〜ん、絵が下手すぎて質問が頭に入って来ないよ。

答え。
10代です。

いくら、ニキビやソバカスがあっても、若い人の方が肌がキレイに見えるのです。
なんでかというと、若い人の肌は、光っているからなんです。

肌から天然の光が放たれているのです。
だから、多少、肌が汚かったりしても、光効果でボヤケて、キレイな肌に見えるのです。

逆に、シミ一つないキレイな肌をしていても、年を取ると肌が光らなくなっているので、肌のがクッキリと見える。


だから、絵が下手すぎて頭に入って来ない…

大女優が専用ライトとかで光を当ててるのは、この効果を狙ってるんですね。
叶姉妹が、ラメでテッカテカに光らせているのも、この光効果を狙っているのかも。

ということで、肌を内側からツヤツヤに光らせる水光肌メイクは、究極の美肌メイクなんですよ。

sponsored link