スキンケアが好きです。
(正確には、スキンケアコスメが好きで、ケアは怠け気味)

最近は海外(アジア)の美容法や、民間療法にハマっています。
以前に韓国に2年くらい住み着いていた事もあるので、韓国コスメは特に好きです。
その他、インドハーブを使ったアーユルヴェーダ、漢方、西洋ハーブなどマニアックな美容法を1人で調べて実践しています。
いや〜ハーブとか民間療法って、夢があっておもろいよね。

極度なナチュラル志向はやめました

20代後半の頃に、「ナチュラル・オーガニック・無添加の物」とかにこだわっていて、それが行き過ぎて肌が汚くなった事があります。

化粧品の成分判定とかをネットでしまくる

オーガニックな物にこだわりはじめる

市販の物を買うのもイヤになって、よりナチュラルな手作り石鹸を作ろうって事になる

薬局で署名&判子を押して、石鹸の元になる苛性ソーダ買う。

「あれ?こんな劇薬を使って手作り石鹸とかっておかしくね??」と思う。

薬剤を使うのはおかしい!ということで、さらにナチュラルな生活に突入。
インドのハーブにハマり、洗剤やシャンプー石鹸の代わりに、インドハーブの怪しい粉を使う。


小麦粉でも髪の毛は洗えるな。保湿は食用油でいけるなっ、てなる。

髪ばさばさ、全身ベタベタになる。おまけに、老けてみられる様になった。

「なんだか、おかしいぞ、逆に不自然だぞ」と気付き、目が覚める

こんなに添加物やら化学薬品、公害などが溢れている時代に、自然な物にこだわりすぎることは、とても不自然だという事に気づいたのです。
何事もバランスが大切。

同時期に、友達で極度のヴィーガンになった子がいて、その子がどんどん普通の暮らしをする事が難しくなっている様子を見ていたのも、気付くきっかけでした。
その友達、たま〜に、市販のチョコレートを食べただけで吐いちゃったりしてたんですよ。
体が敏感になりすぎて、ちょっと変な物食べただけでも反応する様になってしまったみたい。
それを見て、「都会で暮らしていく上で、そんなに体が敏感になっちゃうと生きていくの大変だよな。」と。

ということで、

今は、ナチュラル志向のこだわりは、趣味程度にとどめておく事にしてます。
雰囲気オーガニックな感じとか、ナチュラルっぽい物が好きです❤️
具体的に言うと、「オーガニック緑茶ウォーター使用」とか「ミネラル豊富な富士山の湧き水をたっぷり」とか、そういうっぽい奴が好きです。
くれぐれも、成分を追求し過ぎない様に気をつけてます。
こだわりを捨てたら、またスキンケアが楽しくなってきたし、肌の調子も戻って来ました。

あ、インドハーブの怪しい粉は今でも大好きで、トリートメント的な感じで愛用中です。

【お肌の悩み】
学生時代:そばかす、顔色の悪さ(青白かった)
20代の頃:そばかす、大人ニキビ、化粧が浮く
アラフォー現在:そばかす、毛穴、色白だと思ってたのに黒くなって来た

【これだけは自慢できる】
学生時代:色白
20代の頃:色白、ツヤ
アラフォー現在:弾力だけはある

このBlogでは、自分が色々と体験した事などをメモ代わりに記録してます。
あと、どうにか韓国語が出来るので、韓国のサイトから色々な情報を引っ張ってきてます。

twitterもやってます!
気軽にフォローして下さい^^
‎@kuricrean

twitterは使いこなせないんで、放置してます。

お問い合わせ

できるだけ正確な内容をお伝えできる様に、細心の注意を払って制作しておりますが何か間違えなどにお気づきの場合は、下のお問い合わせから教えてもらえると幸いです。

質問や感想などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

名前は本名じゃなくても大丈夫です。
すぐに返信できない場合がありますので、ご了承下さい。

Sponsored Link