加齢による女性ホルモンの低下に、喫煙習慣や市販のシャンプー以外にも、薄毛の原因はあります。

薄毛の傾向にある女性の食生活での共通点

薄毛で悩む女性の多くは、野菜や豆類中心な高タンパク低カロリーな和食ではなく、肉食中心に乳製品などを加えた、脂肪やカロリーの高い欧米型の食事を好む傾向があるそうです。
多くは、肥満と同時に薄毛を併発しているケースです。
食事に加えて、白い砂糖や人工甘味料の入ったお菓子や清涼飲料水を多く摂取する人も多いそうです。

白い砂糖などは身体の中を酸性にしてしまい、生理機能を正常に働かせる事が難しくなってくるので脱毛の原因にもなりかねます。
また、その他の嗜好品ではアルコールやタバコを好む人も要注意です。

薄毛の原因となる食事・生活習慣

まずは、以下の事に注意するだけでも女性の薄毛の場合は改善されてくるかもしれません。

  • 野菜や豆類を中心とした、低カロリー低脂肪な和食を心がける
  • おやつを食べるならケーキよりも和菓子にする
  • 清涼飲料水は控えてお茶や水を飲む
  • アルコールはほどほどか、飲まないようにする

☆具体的に薄毛対策に良いとされる食事はこちらの記事▶︎ 薄毛・抜け毛に良い食事と悪い食事

薄毛対策には睡眠が重要

薄毛で悩む女性は、睡眠時間が短い人が多いんだそうです。
しっかりとした睡眠時間を確保出来ない程忙しく、ストレスの多い生活環境というのも薄毛の原因なのかもしれません。

睡眠不足の悪影響

睡眠時間が5時間以下と極端に少なくなってくると同時に、薄毛や抜け毛などの悪影響が出てくると言われています。
必要な睡眠時間というのは人によって違うのですが、髪の毛のためには6〜8時間は睡眠時間を確保したいところです。

また、髪の毛は夜の10時から午前2時にかけての4時間の間で最も成長します。
いわゆるゴールデンタイムという時間帯です。
この時間帯に寝ていると、成長ホルモンの分泌などで美肌効果やダイエット効果が期待されるといわれています。
髪の毛も当然この時間帯に1番育つのです。

ですから、出来るだけこの時間帯には寝ている事が望ましいのですが…毎日22時に就寝はちょっと厳しいかもしれません。
仕事が忙しくて生活が不規則になってしまう場合は、朝に出来る事は出来る限り翌日にまわす様にして、夜は早めの就寝を心がけるようにはしましょう。
また、付き合いの飲み会などでもお酒は控えめにして、食事やサプリメントで髪の毛の成長に必要な栄養を摂れる様に気を使いましょう。

ストレスも薄毛の大きな原因に!

ストレスは薄毛だけでなく、様々な身体の不調や病気の原因と言われています。
それらは、ストレスによって自律神経やホルモンバランスが崩れたり、免疫力が低下する事が大きな原因です。

ストレスを溜めないなんて無理!!

「ストレスを溜めないように」とか「ストレスの無い生活を」と言っても、簡単にはいきません。
また、少しの事でも人によってはストレスを受けてしまいやすい人がいます。

ストレスを溜めないようにするよりも、上手な解消法を見つける事が大切です。
スポーツなどで身体を動かしてみることや、瞑想する習慣をつけるなど、自分に合った解消法を探してみましょう。

また、普段から良質な睡眠と食事を心がける事も、ストレス対策には効果的です。
薄毛の事を考えていてストレスを溜めるよりも、おいしいご飯を食べて、たくさん寝た方が髪の毛には良いのです。