朝の水道水や夏場の水道水は、カルキ臭が酷いですよね。
この臭いの原因が塩素です。
塩素は、水道水に含まれる様々な雑菌(チフス菌やコレラ菌)を排除するために含まれているので、必要なものなのですが…
様々な菌を殺せるくらいの力を持っている塩素が、人間の身体に良いわけはありません。

なぜ塩素が薄毛の原因になるのか

塩素は、活性酸素を産出して正常な細胞を傷つけてしまうと言われています。
それがアトピーの原因や、抜け毛の原因にもなっていると言われているのです。
毎日のシャワー(シャンプー)で塩素を浴びている頭は、けっこう刺激を受けてるんじゃないかな・・と思います。

この塩素を除去するにはさまざまな方法があります。
毎日の料理にも使うキッチンの水道には、多くの家庭で浄水器をつけていますよね。

同じ様に、お風呂のシャワーにも浄水器をつけた方が頭皮には良いんです。
お風呂のシャワーにも、塩素除去が出来るシャワーヘッドなどが売られています。

シャワーヘッドを交換するのは手間がかかると思うかもしれませんが、意外と簡単にできます。
最近は値段も安価なものが出ていますし、カートリッジ交換が必要ないタイプなども出ています。
実際に私も使っていますが自分で簡単にヘッド交換出来ましたし、お湯がマイルドな使い心地になります。

ビタミンCを使って塩素を除去するシャワーヘッドも使ったことがあるのですが、それもなかなか良かったです。
ちょっとビタミンの減りが早くて、取り替えるのが面倒でしたが・・

また、浴槽の塩素を除去するには備長炭が簡単でおすすめです。
炭には塩素が吸着する作用があるので、週に1,2回はたわしなどでこすって天日干しにしましょう。