痛いタイトル再びです。
前回(BTSジョングクも使ってるW.DRESSROOM 49番と97番)は、ルームフレグランスでしたが、今回はボディクリームとハンドジェル。

もともとバス&ボディワークスは好きなので、ジョングク君が使っている(と噂の)2つの香りも購入してみました。
「ピンクシフォン」と「パリアモール」という、みごとにピンクな二つです…
本当は両方ともボディクリームを買おうと思ったんだけど、そんなに使い切れないよな〜と思ったので、1つはハンドジェルにしました。

ちなみに、この2つは、自分じゃ絶対に選ばないです。
バス&ボディワークスは、どちらかというと、植物とか海をイメージした様な商品の香りが好きです。

バス&ボディワークス

バス&ボディワークスは、1990年にアメリカのオハイオ州で誕生しました。
ビクトリアシークレットの姉妹ブランドです。
主にボディケア商品やホームフレグランスなどを販売していて、香りの種類が豊富なのが特徴です。
日本には未上陸なので、今のところ購入は通販しかないです。

私は、バス&ボディワークスのハンドジェルにハマって、ちょっとコレクションしていました。
コレクションできるくらいに種類が豊富なんです。
普通のハンドジェルに比べると、香り重視なので、ジェルをティッシュやコットンに含めてタンスに入れたりしていました。
(実は、手にはそんなに使っていないw)

sponsored link

ピンクシフォンのボディローション

ピンク〜!!!
香りもピンクシフォンって感じの香りです。
この香りは完全に私向きではない…もっと若くて、生意気で、可愛い女の子の使う香りだorz


【全成分】水、グリセリン、ワセリン、セタノール、セテアリルアルコール、rnce (香料)、ジメチコン、セテアレス-20、シアバター、酢酸トコフェロール、アロエベラ葉水、パンテノール、ホホバ種子油、カルボマー、イソドデカン、ジヘプタン酸ネオペンチルグリコール、EDTA-4Na、水酸化Na、BHT、イミダゾリジニルウレア、メチルパラベン、プロピルパラベン、ベンジルアルコール、ヒドロキシイソヘキシル-3-シクロヘキセンカルボキシアルデヒド、リナロール、赤色40号(Cl 16035)、黄色5号 (CI 19140)、赤色33号(CI 17200)

ボディローションとしての使い心地は、なかなか良いです。

伸びも悪くないし。
まあ、嫌いというほど苦手な香りじゃないし、本来の目的はジョングク君と同じ香りを楽しむ事なので、OKでしょう。

でも、香りは強めだから、この香りが苦手だったら使えないですね。
そんな事もあるので、ハンドジェルを買った方が良いと思います。ジュエルの方が安いし。

パリアモールのハンドジェル

またまた、ピンク〜!!!
パリアモールって、パリの恋人っていう意味なのかな?

裏面のシールをぺろっとめくると、成分が書かれています。

【全成分】水、イソプロピルアルコール、香料、ハチミツエキス、アブラヤシ果実エキス、ココナッツエキス、オリーブエキス、コムギアミノ酸、グリセリン、カルボマー、ヒドロキシエチルウレア、ミリスチン酸イソプロピル、PET、ポリエチレンナフタレート、AMP赤色33号(CI 17200)、紫色401号(CI 60730)、黄色5号(CI 19140)

パリアモールの香りは、ピンクシフォンよりも大人っぽいです。
うん、確かにパリっぽいかも。
ピンクシフォンは、香りを嗅いだだけで「アメリカの香りだなぁ」って思うんだけど、パリアモールは、ヨーロッパのコスメみたいな香り。
ピチカートファイブが流れて来るような香りです(時代w)
とはいえ、個人的にはそんなに好きな香りでは、ない。


だけど前回同様に、寝具周りにパシャッと垂らして、大好きなジョングク君を想像して眠ります❤️

sponsored link