済州島に行った時に見かけたトルハルバンのハンドクリーム。
これ、きっとソウルや釜山でも売ってると思って、済州島では買わずに、帰り道の釜山で探したんだけど、無かったんですよ(T_T)
どうやら、済州島限定コスメだったみたいなんです。

でも、どうしても欲しかったので、日本に帰って来てヤフオクやメルカリで探しまくって、やっと手に入れました。

トルハルバンとは

トルが「石」で、ハルバンは「おじいさん」の済州島方言みたいです。
つまり、「石のおじいさん」という意味です。

私はこの可愛らしい石像が大好きなんです。
イースター島のモアイにも少し似ているけど、トルハルバンの方が何か、可愛らしさがありますよね。
ボテッとした顔つきに、お腹に手を置いている姿が愛らしい^^

トルハルバンについて、詳しい事は分かっていないんだけど、昔から守護神的な感じで街の入口に置いていた様です。
宗教的な意味もあったかもしれないみたいです。

あとは、済州島は女性の気が強すぎるので、風水的なバランスを取る為に、男性の象徴(男性器)に見立てた石像を建てたという説もあるそうです。
でも、だとしたら何で爺さんなんだ?(笑)

済州島は女性の気が強いっていうのは、あれですかね。
女がバリバリ働いていたからですかね。
というよりも、男が働かないのが済州島だったみたいです。
今は違うと思うんですけどね、もともと「済州島の男は働かない」って言われてたみたいなんですよね。
済州島では、女性が海女さんとして漁に出て仕事をしていて、男は働かずにのんびりとしている、と習った事があります。(語学学校で)
知れば知るほど、済州島って不思議な島だなぁ〜と思う。

でも、こういった謎の石像って、南国の島には多いんですよね。
イースター島もそうだけど、ハワイとかバリ島とかにも石像がある。

sponsored link

トルハルバンのハンドクリーム

済州島コスメと言うと、イニスフリーのイメージがありますが、これはフェイスショップから出ているハンドクリームです。
サボテンとみかんの二種類あって、どちらも済州島名物の素材ですね。
私が持っているのは、サボテンの方です。


【全成分】水、グリセリン、エチルヘキサン酸セチル、シアバター、ジメチコン、変性アルコール、ドコサノール、合成ミツロウ、セテアリルアルコール、ステアリン酸グリセリル(SE)、パンテノール、ステアリン酸PEG-5グリセリル、プロパンジオール、ステアリン酸、パルミチン酸エチルヘキシル、コーンスターチ、セテアレス-20、トレハロース、ニクズクエキス、アクリル酸Naグラフトデンプン、カプリリルグリコール、1,2-ヘキサンジオール、カプリルヒドロキサム酸、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、イソヘキサデカン、キサンタンガム、ポリソルベート80、八角エキス、カルボマー、トロメタミン、EDTA-3Na、フェノキシエタノール、香料


あ、あれれ??サボテン成分は??
見落としちゃってるのかな。

済州島のサボテン(百年草)が入ってると思ったんだけど、見落としているだけかもしれないです。

香りは、そんなにキツくないけど、良い香りです👍
これ、何の香りだったっけな〜?嗅いだ事あるんだけど…
てか、もしかして、サボテンの成分が入ってるんじゃなくて、サボテンのの香りって事なのかな?
サボテンの香りなんて嗅いだ事無いけど、これがサボテンの香りなのだろうか。

韓国のハンドクリームは、失敗が無いです。
伸びが良くて、ベタつかず、ちゃんと潤う。

ただ、使い心地は良いんだけど、持ち運びには不便ですね。
まあ、このハンドクリームは、コスメとして買ったというよりは、置物として買った物なので、問題ないんだけど。

sponsored link