(今回はコスメじゃないですが。)

どこの家にも、家庭の常備薬に万能クリームってありますよね。
日本では、オロナインかな?(うちはメンタムだったけど)

アジアではタイガーバームで、バリ島ではボカシオイルなのかな?
で、インドの万能クリームがカイラスジーバンと言われています。
(とはいえ、北インドの薬局で買おうとしたら「南インドでは有名だけど、この辺じゃ置いてない」と言われた事もある)

このカイラスジーバンの凄い点は、他の万能クリームと違って、なんと内服も出来るのです。
食べられる…とは言っても、なかなか食べる勇気が無くて、私は食べた事がないんだけど。

カイラスジーバンとは

カイラスジーバンは、多目的アーユルヴェーダクリーム…つまり、アーユルヴェディック万能クリームです。
アーユルヴェーダ製品メーカーのAyurved Sumshodhanalaya(ASUM)という会社から販売されています。

公式サイト▶︎ASUM(英語)

アーユルヴェーダでのピッタ体質(火の性質が強い)な人に向いているクリームだそうです。
熱を冷ます効果があるのかな?

内服すると、消化促進効果とともに、目・頭・手のひら・足の裏などの熱をとって和らげてくれるそうです。

sponsored link

どれくらい万能なのか


怪しいイラストがカワイイ。

以下、海外のサイトに載っていたカイラスジーバンの効能↓

いぼ痔、痔瘻、便秘、下痢、ヤケド、潰瘍、炎症、腫れ、腫れ物、白癬、いぼ、筋肉痛、擦り傷、切り傷、疲れ目、しもやけ、皮膚炎、あせも、歯茎の腫れ、歯肉炎、頭痛、不眠症、虫刺され、かゆみ、ニキビ、吹き出物、スキンケア、消毒


多目的すぎる…

不眠症?ってのは、怪しいですが、まあ、オロナインと似た様な感じですね。
公式サイトに載っている、使い方&効能は以下の通りです。(英語は先生頼りです)


【疲れ目】
カイラスジーバンをまぶたに塗って、コットンで覆う。
疲れ目を解消して、良い眠りをもたらしてくれます。


【かかとのひび割れ】
毎日2回カイラスジーバンを患部に塗ります。(こすっちゃだめ)
肌がクリームを吸収して、滑らかなかかとになります。


【吹き出物】
カイラスジーバンを、顔に優しく塗ります。(こすっちゃだめ)
肌がクリームを吸収して、すぐに良くなるでしょう。


【痔、FISTULA(←痔瘻?)】
毎晩寝る前に、ティースプーン1杯のカイラスジーバンを、同量の砂糖と一緒に服用する。
また、1日に2〜3回、患部に塗る。
いずれ痔は良くなるでしょう。


【切り傷】
すぐにカイラスジーバンを患部に塗って、血を止めます。
傷の治癒や、痛みの軽減を助けてくれます。


【ヤケド】
カイラスジーバンをヤケドした部分にやさしく塗ります。
すぐに患部をクーリングしてくれます。
しばらく塗り続ければ、傷跡も残りません。

痔?のイラストが意味不明。
もしかして、痔じゃないのかな??なんの絵だろう。

カイラスジーバンの成分

【全成分】
ココナッツオイル 2.8g
沙羅双樹 370mg
サンダルウッド 10mg
カンファー 14.5mg
タルク 90mg
ニーム 90mg
ハマビシ 90mg
ギョウギシバ 90mg
Cissampelos pareira根 90mg
水酸化カルシウム

水酸化カルシウム以外は、ずべてナチュラルな物ですね。
ただ、タルクや水酸化カルシウムを内服しても良い物なの?と思って調べてみたんだけど、含有量は少量だし、どうやらOKみたいですね。
タルクが含まれている内服薬もあるし、水酸化カルシウムは、こんにゃくの凝固剤として使われていたりもするみたいです。

カイラスジーバンを使った感想


実は、うちにあるカイラスジーバンは、ほとんど使い切っちゃた。
私は主に、虫刺されの時に使っていました。

蚊に刺された時とか、ダニにやられた時に塗ってました。
カンファー(樟脳)の効果なのか、痒みがおさまるんです。
(カンファーには、わずかな局部麻酔効果があるらしいです。)
ムヒなどのケミカル薬に比べれば効果は劣るかもしれないけど、なかなか良いです。

臭いが独特で、仁丹みたいな臭いっていうのかな?
だから、いくら内服出来るとわかっていても、食べる勇気が出ない。
仁丹を食べられる人ならいけるかな?

sponsored link