南国のお花をココナッツオイルに漬け込んで作るモノイオイル
モノイオイルの香りを嗅ぐだけで、南国にいる気分になれます。

モノイオイルとは

モノイは「香りのあるオイル」という意味で、タヒチに古くから伝わるオイルです。
元々は宗教的な儀式で使われたりしていて、神聖な場所で使われていたりもしました。

モノイオイルは、ボディケア、フェイスケア、ヘアケアと、全身ケアに使えるオイルです。
皮膚を滑らかに、柔らかくして、乾燥を防いでくれる効果があると言われています。

現地では日焼け止めとしても使われているそうですが…私は、この原料では、日焼け止め効果は無いんじゃないかと思います。

あとは、髪の毛への効果ですが、育毛効果や白髪防止効果もあると言われています。
効果の程がどの程度かはわからないけど、ココナッツオイル単体でヘアケアに使われる事は多いので、美髪効果はあると思います。
保湿効果が期待できるので、毛先に使ったり、頭皮のマッサージなんかに使うのもいいかも。

sponsored link

モノイオイルの種類&香り

私も持っている「ティアレ」が、スタンダードなモノイオイルです。
ティアレは、タヒチの国花で、白くて良い香りのする南国の花です。(ハワイのレイにも使わてる花です)

モノイオイルの種類は、無数にあります。

◎ティアレ(TIARE)
◎バニラ(VANILLA)
◎ジャスミン(PITATE)
◎ココナッツ(COCONUT)
◎イランイラン(YLANG YLANG)
◎サンダルウッド(SANDAL WOOD)
◎タマヌ(TAMANU)

この辺りが、良く見かける(ネットでも買いやすい)オイルです。
私の持っているパイナップルみないに、フルーツのオイルもいくつかあります。
(バナナとか、パパイヤ、パッションフルーツ、ベリーなど)

当然ですが、香りはそれぞれの素材によって違います。
どれも素材そのものの良い香りがするので、好きな花の香りを選ぶと失敗ないです。

ティアレの香りが1番無難なのかな?
私は好きな香りだけど、結構強めの香りなので、苦手な人もいるかもしれない。
とにかく南国だなぁ〜♪っていう香りです。

モノイオイルの成分


【全成分】ヤシ油、香料、トコフェロール

成分を見ると…あらら?香料が入ってるのね。
どうりで、香りがしっかり付いてると思った…。
ヤシ油ってのは、ココナッツオイルのことでしょう。

使ってみた感想

使い心地は、普通のココナッツオイルです。

香りが好きだったら、お肌にも髪の毛にもつけられるので、使いやすいオイルです。
私はお風呂上がりに、少しずつ使っています。良い香り〜♪

モノイオイルは固まります


固まってるのわかるかな?

9月になって、ちょっと涼しくなって来たなぁ〜と思ったら、もう固まってる。

モノイオイルは、ココナッツオイルベースなので、すぐに固まるんですよ。
ココナッツオイルを使った事がある方なら分かると思うけど、寒くなるとすぐ固まる。
だけど、カチカチに固まるんじゃなくて、手に取って伸ばせばすぐに溶けます。

問題は、容器なんですよね。
冬場は逆さにしても出て来ないから割り箸みたいな棒を突っ込んで、すくって使うしか無い。

sponsored link