「フェイシャルO2バブルパック」という韓国製のバブルパックを買ってみました。
ちょっと前に流行った、泡がシュワシュワと発泡する韓国パックです。

韓国のバブルパックと言えば

今回買ったのは、「フェイシャルO2バブルパック」という聞いた事の無いパックです。
カプセル化した酸素パックを発泡させて、老廃物を除去しつつ肌への酸素補給ができるとのことです。

韓国のバブルパックと言えばザセムのブラックパールo2バブルマスクが有名ですよね。

ちょうどこのバブルマスクが流行っていた5年前くらいに、私も使いました!
しっとりとして、なかなか使い心地が良かったのは覚えてるんだけど、全部は使い切らなかったような…何でだっけな?

この他にも、su:m37°(スム)や、ミシャ、ネイチャーリパブリックなどなど、有名な韓国コスメメーカーからは同じようなバブルパックが発売されています。
韓国って1度ヒット商品が出ると、同じコンセプトの商品が色んなメーカーから一斉に発売されますよねw

sponsored link

バブルパックの全成分

成分:水、メチルパフルオロイソブチルエーテル、プロパンジオール、メチルパーフルオロブチルエーテル、スベリヒユエキス、グリセリン、アクリルレーツコポリマー、TEA、BG、ココイルグルタミン酸TEA、ココイルリンゴアミノ酸Na、イソノナン酸イソノニル、イソノナン酸エチルヘキシル、ポリヒドロキシステアリン酸、カプリリルグリコール、1、2-ヘキサンジオール、キサンタンガム、コカミドプロピルPGジモニウムクロリドン酸Na、ヘキシレングリコール、アラントイン、EDTA-2Na、ラーマカミツレ花油、チョウジエキス、ユーカリ葉エキス、グレープフルーツ果実エキス、ゴマアミノ酸、加水分解エクステンシン、アスコルビン酸、PPG-26ブテス-26、PEG-40水添ヒマシ油、トリペプチド-29

バブルパックの使い方

使い方はこのイラストの通りです。
洗顔した後に顔と手の「水分を拭き取る」って書いてあるけど、顔の水分は残しておかないと発泡しません!
水分は、軽く拭き取る程度にするのがポイントです。

使ってみた感想

手の甲に出してみました。普通の乳液みたいな感じです。
完全に乾いている状態の手にパックを乗せても、まったく反応しません。

手の甲を軽く濡らしてから、パックを伸ばしてみました。

すぐにシュワシュワしてきました。

モコモコと泡が盛り上がってきました。

これが最大かな。
耳を近づけると、シュワシュワ言い続けています。

この状態で5〜7分間待ってから洗い流すのですが、これ顔にやってみたら凄くくすぐったいです。

そう言えばザセムのバブルマスクも同じような感じだったのを思い出しました。
最初に試した時は耐えられなくて、1分くらいしかパックできなかった気がします。(だから使い切らなかったんだ…)

ずっと、顔の上でシュワシュワ〜っといっているので、くすぐったいというかムズムズするんです。
でも、それをグッと我慢して5分くらい耐えて耐えて…耐えてから顔を洗い流す。

仕上がりは、ザセムの時と同じくらいしっとりした感じです。
酸素のおかげなのかは良くわからないけど。
発泡のムズムズ感さえ我慢できれば、とても良いパックです。

あ、香りも問題ないです。
そんなに強くないけど、ほんのり香る嗅ぎ慣れたコスメの香りです。

sponsored link