タイコスメのカテゴリーにしたけど、正しくはタイの隣のミャンマーですね。

はい、またタナカです。3回目です。
何回タナカの記事書いてんだよって感じですが、今までのはタナカ成分が配合されたコスメで、今回は、シンプルにタナカについてです。

私とタナカの出会い

タイ北部を旅行した時に、初めてタナカに出会いました。
ミャンマーと近い街を観光していた時に、土産物屋の若い女子店員が顔にベージュの泥を塗っているのを見かけたのです。
タイ人のガイドに「あれは何?」と聞くと、「ミャンマーの伝統的なコスメで、日焼け止とか美白とか…色んな効果があるんだよ。美人になるよ!」と教えてくれた。

天然の植物(木)をペーストにした物だというで、凄く気になる。
気になるんだけど…肌に泥塗ったみたいに見えるコスメって、日本じゃ使えないよな。
もう少し肌に馴染む物ならいいんだけど…

と、買おうかどうしようか迷っていると、ローションタイプのタナカが売られているのを発見したので、それを買ってみる事にしました。


これが、路上で売られているタナカ原木なんだけど、知らない人が見たら「何で薪なんて売ってるの?」って感じでしょうね。

sponsored link

タナカの使い方


これが、初めて買ったタナカです。


ホワイトニングタナカローションと書かれています。
ニキビ予防効果もあるっぽです。

成分は「ミャンマー産タナカ、ミルク、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB3」って書いてある。
ミルク?牛乳が入ってるのか。
あと、ビタミン類が入っているだけだけど、これが全成分かは不明。

ちょっと香りが強いんだけど、私は好きな香りです。

で、これはローションタイプなので、普通に肌に塗るものなんだろう、と思って塗ってみた所、


かなり、どっしり。これを、伸ばしてみると、


はい、伸びな〜い。

びっくりするくらい伸びないです。
これはやっぱり、顔に泥の様に塗るものなんだと思います。
ローションやクリームの様にはならない。

でも実はこれ、同じのを4本買って来ちゃったんですよね…。
あと、別のメーカーのタナカも買っちゃってる。

ということで、どうにかして使い道を模索した結果、パックにするしかないな、と。
実際に何回か顔パックしてみたけど、なかなか良いんですよ。

これ以外のタナカも、日本で使うならパックにするのがオススメです。
顔に塗って、洗い流すパック。

添加物なんかが入っていない、天然のパックとして使える。
タナカパウダーを買って、水で溶いてパックにするのも良さそう。

てことで、混じり物のないタナカも買ってみました。

自分でタナカペーストを作る

これ、最近ネットで買った物です。(上のタナカの画像にも映っているやつですね。)
一度砕いた物を固めたんじゃないかな?
このタナカの固まりを、水で溶いて、自分でペーストを作るっていうやつです。

タナカの固まりを濡らして、専用の石でゴリゴリすると簡単に削れます。
結構やわらかいです。
この専用石じゃなくて、そこら辺に転がっている河原の石でもいけそう。

今回は、水の代わりに月桃の化粧水で溶いてみました。
クチャパックみたいな感じで、これで顔パックすればしっとりしそう。


手の甲に塗ってみた所。

黄土みたいに見えますね。
パックしてみると、黄土よりも軽い使用感です。

とにかく私はタナカ好きなので、タナカパックをよくやります。
以上、タナカ好きアピールしただけの記事でした。

sponsored link