タナカのファンデーション

ミャンマーストアーで、タナカを使ったファンデーションを買ってみました。
なんと、リキッドファンデです。

パッケージには、何故かハングル文字もあるので、もしかしてもしかすると、ツウな韓国人は既に使っている商品!?
(ハングルで「天然タナカ原料の黄金光の美しさ」と書かれています)

タナカファンデの効果

SPF50 PA+++なので、しっかりと日焼け止めできますね。
しかも、18時間持続…って、日焼け止め効果の事なのかな?
ちょっとサバよんでる気もするけど(SPF50なら、12〜16時間くらいだと思う)、もしかしたら崩れないって事なのかな。

英語、ミャンマー語、韓国語で、説明が書かれています。
やっぱり韓国人もターゲットの商品なのかな?う〜ん、不思議。

ちなみに、韓国語の内容は「タナカがガッツリと日焼け止め効果を発揮して、お肌を完全ガードしますよ。オイルコントロールもしつつ、シワ無しの肌を長時間ばっちりキープしまっせ!摩訶不思議なタナカパワーで、最高のお肌に仕上げまっせ!!」みたいな内容です。(だいぶ意訳w)
おそらく、英語もミャンマー語もそんな感じでしょう。

パッケージの側面には、ミャンマー美人の写真が載っています!
う〜ん、この懐かしい感じのデザインセンスが、たまらないですな。

そう言えば、カラー番号が「#GB 20 クリームベージュ」と書かれているので、何色かあるみたいですね。
私が買った店にはこれしか無かったので、この色になりました。

sponsored link

タナカファンデの全成分

スオウ樹皮エキス、カカドゥプラムエキス、ホオノキ樹皮エキス、ゾウノリンゴ樹皮エキス、水、シクロペンタシロキサン、酸化チタン(CI 77891)、サリチル酸エチルヘキシル、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、酸化亜鉛、サリチル酸エチルヘキシル、シリカ、セチルPEG/PPG-10/1ジメチコン、酸化鉄(CI 77492)、塩化Na、PEG-10ジメチコン、合成フルオロフロゴパイト、ジステアルジモニウムヘクトライト、フェノキシエタノール、トリベヘニン、グリセリン、セスキオレイン酸ソルビタン、酸化鉄(CI 77491)、水酸化Al、ステアリン酸、トリエトキシカプリリルシラン、酸化鉄(CI 77499)、ジメチコンクロスポリマー、ジメチコン、香料、エチルヘキシルグリセリン、EDTA-2Na、BG

LIMONIA ACIDISSIMA(ゾウノリンゴ)っていうのが、タナカだと思います。
タナカの原料になる木には、主にゲッキツ属の樹皮なのですが、リモニア属のゾウノリンゴもタナカになるそうです。

タナカファンデの使い方

手に少量のファンデーションをとって、顔に点々…とつけてから、伸ばします。
ファンデを落とす時はディープクレンジングを使ってね☆

使ってみた感想

香りはなかなか良いです。
韓国コスメとかにもありそうな香り。(サンダルウッド系?)

色を選ばずに買ったにしては、なかなか合っている気がします。

これは、腕の内側に塗っているのでちょっと濃く見えるかもしれないけれど、顔に塗ったらナチュラルな色味でした。
ただ、少量でもすごーく厚化粧している様に見える。
昔のファンデーションってこんな感じだったのかな??

伸ばすとサラサラになりました。
夏用のファンデーションにしたら、かなり良さそう。

しかし、かなり毛穴が目立つ…
しかもベッタリした質感なので、このまま顔に塗ると昭和の厚化粧顔になってしまいそうだし、若干潤いも足りないので保湿クリームを混ぜて使うことにします。


(私的に)最強の保湿クリームアンブリオリスと混ぜてみました。(ちょっと、ファンデの量が多すぎた)

保湿クリームと混ぜて使えば、けっこういい感じになりました。
アンブリオリスとタナカファンデを3対1くらいの割合で混ぜるといい感じです。
タナカファンデ、なかなかええんでない?

実は最初「このファンデ中身の量が少なくない??」って思ったんですよ。
普通は容器に満タンに入っていると思うんですけど、このファンデはちょっと足りない。(いや、だいぶ足りない)
よく見たら内容量が15gとかなり少量だったので、これで正しいんだと思うんだけど、「これじゃすぐに無くなっちゃうんじゃない?」と思ったんです。

しかし少量でもベッタリと色が出るファンデなので、クリームと混ぜて使えばかなり長持ちするかもしれませんね。

sponsored link