thipniyom

もはや、コスメでも何でもないのですが…タイの珍しい歯磨き粉を使ってみたので感想を書いてみます。

タイの歯磨き粉と言えばデンティスが有名ですが、私が使ったのはもう少しマニアックな物です。
Thipniyomというタイの伝統的なパウダータイプの歯磨き粉です。

Thipniyom


タイのハーブ歯磨き粉 【パウダータイプ】

粉タイプの歯磨き粉っていうと、大昔に祖母が使っていた煙草を吸う人用の赤い缶に入った歯磨き粉を思い出します。
あれはタバコのヤニを落とす為に研磨剤が強めに入っていたみたいなので、もしかしたら粉タイプって強力なのでは…!?

Thipniyomの成分について調べてみると、1番初めに炭酸カルシウム(研磨剤)が来ているけど、分量が書いてないからどのくらい強力なのかは不明です。
でも、パッケージ裏に「歯の歯垢や着色汚れを優しく取り除きます」と書かれているので、普通の歯磨き粉よりも研磨剤は多いのかもしれないですね。
あ、でも優しく取り除くって書いてあるかw

あとは、「天然ハーブ成分が、口臭を予防してフレッシュな息へ!」とも書かれています。
私はこの配合されているハーブ類の成分に期待しています♪
さて、どんな感じなのかな??

sponsored link

原材料

炭酸カルシウム、ミョウバン、ボルネオール、塩化ナトリウム、メンソール結晶、カンファー、クローブオイル、ペパーミントオイル、TR-1 COMPOUND、ミルオイル、セージオイル、カモミールブルーオイル

TR-1 COMPOUNDが何の事だか分かりませんでした。

使い方

◎塗らした歯ブラシを、歯磨き粉につけて歯磨きします。朝と夜寝る前の、1日2回使用して下さい。
◎歯磨き粉を歯茎に塗って、指でやさしくマッサージします。そして歯と歯茎の強化のために、しばらく歯磨き粉をそのままにしてから流して下さい。

使ってみた感想

タイの伝統的なハーブ歯磨き粉ということで、緑色か茶色い粉を想像していたんだけど、予想に反して真っ白い粉でした。

そして、凄い香りです。
これ、どっかで嗅いだ事あるんだよなぁ〜インドのハーブかなぁ??
ちょっとエキゾチックな仁丹といった香りです。

濡らした歯ブラシを粉につけて、歯を磨いてみます。
香りがキツいのでちょっと怖い…と、思ったら予想通り、


凄い味ぃ!!
なるべく舌につかないようにして歯を磨きましたが、かなり独特なニオイ&刺激です。
泡立ちは無いけど、かなり爽快感というか刺激的な磨き心地です。

口をすすいでみた感想は…凄いスッキリ!普通の歯磨き粉とは比べ物にならないくらいスースーします。
だけど、口に残る味はキツいです。
仁丹が大丈夫な人なら気持ちよく感じると思いますが、私はちょっと苦手でした。

う〜ん、残りの粉どうしよう…

sponsored link