ヤードムって言うのは、タイ語で「ヤー(薬)ドム(嗅ぐ)」という意味らしく、つまり「嗅ぎ薬」の事ですね。
ハッカ系の香りするスティック状のもので、鼻に突っ込んでスースー嗅ぐと、スッキリします。

私はアレルギー性鼻炎があり、一年中ヤードムを使うので、常に何本かを常備しています。

これ、別にタイオリジナルな物じゃなくて、アジア各地に売られてますよね。
台湾でも薬局で買った事があります。

でも、やっぱりタイ製(ヤードム)が1番おすすめですね。
タイのヤードムは、オイルも一緒についているので、便利なんです。

ヤードムの効果

↓ヤードムのパッケージに書いてある用途はこんな感じ
◎鼻をスッキリさせる
◎眠気覚まし
◎リフレッシュ
◎虫刺され(蚊)にも効く?

sponsored link

ヤードムの使い方

タイのヤードムは、嗅ぎ薬&オイルに分かれています。


まず、上のフタを取ると、嗅ぎ薬が出て来ます。
この部分を鼻に突っ込んで吸い込むと、スースーして気持ち良い。
別に、そんな突っ込まなくても良いんだけど、私はついつい深くまで突っ込んでしまう。
※私の様に、ヤードムを鼻に突っ込んでいる人は多いので、他人からヤードムを借りるのは要注意


嗅ぎ薬の下にはオイルが入っています。
このオイルは、マスクに染み込ませたりすると良いらしいです。


私は、このオイルを肌にも使ってます。
アジアで売られている万能オイル(肩こりとか、筋肉痛の時に使うやつ)と同じ様な感じで。
虫刺されに効くのも、こっちのオイルの事ですね。

ヤードムの成分

だいたい、どのヤードムも入っている成分は同じ様な感じです。
今、手元にある物を見てみると…


メントール 55.900%
ペパーミントオイル 3.727%
カンファー 4.969%
ボルネオール(竜脳) 9.000%
ユーカリプタスオイル 6.200%
ミネラルオイル 100.0%

ミネラルオイルって書いてあるのは、オイルの方かな。

別のヤードムも見てみよう。


メントール 16.50%
ペパーミントオイル 50.00%
ユーカリプタスオイル 10.00%

若干配合が違うみたいですね。

もう一個見てみます。


メントール 15.25%
ユーカリプタスオイル 4.45%

あれ?これしか書いてない-_-
ま、とりあえずメントールとユーカリプタスは全部に入っているみたいです。
想像しただけでもスースーします。

中毒に注意(笑)

成分を見ても分かる通り、ヤードムは、ナチュラルな成分で作られているし、この原料で中毒性なんて無いんだけど、ついつい止められなくなっちゃうのが事実なのです。
特に私の様な鼻炎持ちには、ヤードムの爽快感が気持ちよすぎるので、ついつい鼻の穴にヤードムを深く突っ込んでしまいます。
そして、ヤードムを鼻に突っ込んでスースーしながら歩いていると、変な目で見られます。

アレルギーで鼻がむずむずする人は、一度試してみて!


レッツヤードム!

sponsored link